上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
能見堂緑地マップ久しぶり(1年半ぶり)に鎌倉天園(六国峠)ハイキングコースを歩いた。9時 自宅を出、能見台から京急線に沿って国道16号を南下、「二の橋交差点」をすこし過ぎたところ、金沢文庫駅の手前で(京急線の)踏切を渡る。途中、“落石”のためハイキングコース通行止の張り紙があったが、かまわず先に進んだところ、頑丈なゲートが入口にあって一歩もコースに入れない(マップ①、10:00)。張り紙に付記されていた迂回路を大雑把に頭に入れ、踏切まで戻って(マップ②)、住宅地を歩いて「関ヶ谷不動池」から能見堂緑地に入る(マップ③、10:45)。長い階段を昇って「関ヶ谷不動尊」(マップ④)、坂を一登りし金沢文庫(能見堂跡)からのコースと合流した(マップ⑤)。
金沢自然公園駐車場能見堂緑地~金沢自然公園両側から団地や住宅が迫る尾根道を進み、それが終わると、道は金沢自然公園ICから金沢動物園駐車場への車道に沿う。横浜横須賀道路金沢支線の下を通り、車道を離れ、釜利谷市民の森の端を掠めて金沢動物園へ。園内遊歩道入口金沢自然公園~天園ハイキングコース広い駐車場は十台足らず。台風に吹き飛ばされたのだろうか、途中の東屋が椅子だけになっていた。
いつものように、動物園入口のトイレの横の階段から鎌倉天園に行こうとしたところ(11:45)、“台風の被害”でナント通行止。さてどうしたものか? バスで帰ろうか?一度だけ入ったことがある動物を見て帰ろうか?来た道を戻ろうか? とりあえず「お昼」とする。 昼食後(12:15)、念のため「ののはな館」(売店・軽食・情報)で確認すると、通行止はごく一部で 天園には行けるという。よかった! すこし“勢いはそがれている”が、天園を目指すことにする。
横浜自然観察の森園内から長い階段を昇り、横浜横須賀道路(金沢支線)に沿った道を進み、突き当りを右へ(左は関ヶ谷奥見晴台へのショートカット)。横横道路の下を通って瓢箪池を右へ(左は大丸山へのショートカット)、一山(清戸の広場)越えて、瀬上市民の森への道を右に分け、左、大丸山への横浜自然観察の森を進む。
大丸山からの展望大丸山から八景島大丸山はコースを離れ階段を上がる。階段は200段ほどもありけっこう息も切れるが、横浜市最高峰(158.6m)とあって、山頂からの眺望はなかなか! 但し 富士山は見えない(富士山はその手前、コース中からちょっと見えるところがある)関ヶ谷奥展望台から瓢箪池から反対側(東側)の山腹を登ってくる道もある。まだ歩いたことはないが、頂上に居合わせた人に尋ねると歩きやすい道とのこと。ひとしきり山頂にいて(13:05-13:20)、コースに戻る。続いて、大丸山から10分足らずで関ヶ谷奥見晴台(13:30)。ここからは北に展望が開ける。大気が澄んでいればスカイタワーも見えるのだろうが、今日はベイブリッジやつばさ橋がやっとだった。

天園(六国峠)関ヶ谷奥見晴台~天園(六国峠)関ヶ谷奥見晴台から ひたすら 天園(六国峠)を目指す。「コナラの径」とする森の中、切通しのようなところなど、変化に富んだ道を進み、右へ左へ住宅地に下りる道を分け、巨大な霊園(横浜霊園)の横を過ぎると、やがて天園六国峠)。ここから鎌倉の街へは3つの道がある。鎌倉宮へ直進、瑞泉寺は左、右は建長寺。瑞泉寺の道は その先 十二所にまで延びているようで、今日はそちらに下りるつもりだったが、時間が遅くなったので、天園見晴台に寄ったあと(14:00-14:10)、何度か歩いたことがあるが、建長寺への道を行くことにした。(建長寺への道は覚園寺へ分岐し、明月院まで延びている)
天園見晴台から実は前回も建長寺コースを選んだのだが、どこでどう間違えたのか、上郷ネオポリスというところに出てしまった。途中は たいへん か細い道だった。今日は慎重に進む。天園(六国峠)~勝上嶽展望台ゴルフ場のクラブハウスの前から、遊歩道的な優しい道とワイルドな険しい道が交互に現れる山道となり、覚園寺への分岐を通過(14:35)、「かながわの景勝50選・十王岩の展望」をパスし、建長寺半僧坊上の勝上嶽(しょうじょうけん)展望台に着く(14:55)。 勝上嶽展望台から1勝上嶽展望台から2
陽は西に傾き、逆光の富士山、伊豆半島や大島を眺める。ほどなく同年輩の人が登ってきた。車で来て、六国見山に登り天園まで往復するという。彼も、夏は高い山に登るのだそうだ。太郎平小屋や薬師岳のことなど、甘納豆を食べながら しばし 話がはずんだ。勝上嶽展望台~明月院
聞けば、明月院への道は歩きやすいという道とのこと。建長寺に下りるよりは北鎌倉に近く、まだ歩いたことがないので明月院へ下りることにする(15:10)。明月院の門前に下りたのは15時半だった。
名前だけは知っている六国見山(ろっこくけんざん)にも登ってみたい。ほんとうに“六国”(安房・上総・下総・武蔵・相模・伊豆)を見ることができるだろうか?
スポンサーサイト
2012年“登り初め"を丹沢大山に決めた前夜、念のために大山ケーブルに運行時刻をしらべたところ、ナント「車両故障で1月18日から運休中」。ヤビツ峠から登るには朝早く家を出なければならないし、山頂から歩いて降りるのも気が進まない。金時山も早起きが必要などと思案のすえ、まだ三浦富士から富士山を見たことがないことに思いあたり、三浦富士に登ることにした。
登山口~三浦富士2登山口~三浦富士1三浦富士登山口京急長沢駅から広い坂道を歩き(10:15)、長沢殿前公園を過ぎると、右に短い石段がある。三浦富士の最初の登山口である。前回(2011.11.3)と同じく、その石段を昇る。石段の上はすぐ山道だが、マテバシイの林の中のけっこうきつい登り。早くも汗ばんできて、レインウエアの下のフリースを脱ぐ。右はミカン園、当然ながら実は一個も付いていない。ミカン園が終わり、緩やかな起伏の尾根道となる。周囲は明るい雑木の森、鼻歌の一つも歌いたくなるいい道だ。
三浦富士・三角点三浦富士・浅間神社奥宮長沢・野比分岐小さいピークを越え、再び急坂となる。坂道の途中で、右から野比からの道が合わさる。古びたベンチが一つ。一休みする。そこからも階段状の登りが続き、息が上がるころ、浅間神社奥宮の石祠が並ぶ三浦富士(標高183m)に着した(11:00)。山頂には、京急長沢駅で見かけた、私より5~10歳ぐらい高齢の団体(男ばかり6,7人)が談笑していたが、ほどなく砲台山に向かって行った。

三浦富士から富士山と伊豆半島三浦富士から富士山(アップ)三浦富士から伊豆大島三浦富士は何度目かだが、これまで展望に恵まれたためしがない。今日も西の空は雲が多く、電車の道中 気がかりだったが、幸い 真っ白に雪化粧した富士山を拝むことができた。富士山は、三浦富士からは北西の方向に見えることも初めて知った。
武山砲台山分岐展望台から(三浦富士~砲台山)三浦富士~砲台山その後は誰も登ってこない。しばし、富士山や伊豆半島、伊豆大島を展望したあと、砲台山に向かう(11:20)。急坂を下り、野比への分岐から、車高の高い四駆なら通れそうな広い道を、砲台山の西側山腹を巻くように進むと展望台があり、三浦半島南部を一望できる。富士山は見えない。展望台から さらに 山腹を巻いている広い道が続き、武山との分岐。砲台山はここから往復だが、今日は時間がタップリあるので、砲台山に立ち寄ることにした。
砲台跡(砲台山)海上保安庁無線中継所(砲台山)分岐から、今度は東側の山腹を巻くように進むと砲台山(11:50)。海上保安庁の電波塔といかつい砲台跡がある。 砲台山から富士山タンポポ(砲台山)ネットによれば、第2次世界大戦中、ここに高射砲が設置されていたとのこと。広い道は軍用だったわけである。砲台山の標高は204mで三浦富士、武山より高いが、展望は良くない。辛うじて富士山が見えた。真冬というのに、砲台跡のまわりの荒地にタンポポが一株咲いていた。ここで、京急長沢駅前のコンビニで仕入れたおにぎりを食べ、砲台山をあとにした(12:10)。
野良猫(砲台山~武山)砲台山~武山野良猫(砲台山~武山)砲台山から緩やかなアップダウンで武山。加えて、道幅は広い。このあたりまで来ると、いつも、ハイカーならぬ野良猫に出会う。無責任・非情な飼い主に捨てられたネコである。それも一匹や二匹ではない。今日は、その中の一匹が人恋しげに私の足元に身を摺り寄せてきた。何も与えなかったが、そのあとすれ違った、女性を含む数人の高年グループはどうしただろうか。武山山頂には武山不動があり、あまりきれいとはいえない展望台付きの休憩所もある。そこを棲家としているのだろう。

武山展望台から北の展望武山展望台から砲台山と房総半島 武山展望台から三浦半島南端と伊豆大島武山から大楠山武山山頂(12:30-13:00)。展望台に昇ったが、雲が多く、どの方角も展望は不良。天気が良くても、ここからは富士山は見えない。武山不動(武山)熱いココアをつくり、武山不動に参拝して、今日は、京急長沢あるいは津久井浜への山道でなく、参道(舗装道路)を竹川バス停に下ることにする。先の高齢のグループは山道を選択したようだ。
武山不動参道から富士山参道は単調で長く急な坂。下りもだが、上りには 絶対 使いたくない道だ。竹川バス停へ武山不動参道終点途中、展望が開けたところが一箇所あり、かなり雲に隠れてしまったが、富士山を見ることができたのが唯一の慰み。参道を下りきってT字路を右折し、県道26号(横須賀三崎線)に出た。バス停はどっち? “右”を選んだが、正解だった。竹川バス停はすぐで(13:25)、バス(横須賀中央/横須賀行)もすぐ来た。

マップ※右図は、参考までに、山と渓谷社:全国隠れ名山(2010年1月号)のコピーです。
※参道の途中から武山バス停に出る道もあります。あまりいい道ではなかったように記憶しています。
※竹川バス停から横須賀中央・横須賀行の便数は多い。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。