上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
所用で福岡・熊本に行ったさいの『福岡・熊本ミニ観光』です。
225:福岡・志賀島
マップ志賀島へ志賀島(しかのしま)は博多湾に浮かぶ周囲11㌔の小島、福岡市街と長い砂州「海の中道」で繋がった陸続き(陸繋島、りくけいとう)です。25半日、志賀島を訪れました。
その「海の中道」の上に作られた志賀島橋を渡って、志賀島へ。
潮見展望台1潮見展望台2スペーサー1.島の最高所(海抜170m)にある潮見公園展望台から海の中道と福岡市街を一望。志賀島は緑豊かな島、開発されているのはごく一部です。
万葉歌碑スペーサー2.志賀島は「万葉の島」とも呼ばれ、島内に10個の石碑があるそうです。写真は潮見公園にある四号歌碑
『志賀の浦に漁(いさり)する海人(あま) 明けくれば浦み漕ぐらしかじの音きこゆ
博多湾の志賀の浦で漁をする人々が夜が明けてくると海岸沿いに船を漕いで急いで帰っている。そのかじの音が聞こえる、という意味。天平八年(736)に新羅に派遣される使節一行が詠んだ歌の一首で、奈良の都では味わえない海辺の旅情とともに望郷の念を表している
、という説明が付いていました。
志賀海神社1スペーサー志賀海神社2志賀海神社3志賀海神社4スペーサー3.志賀海神社。島の東岸、階段をすこし登ったところにあります。高台にあるとは思えない広い境内でした。祭神は綿津見三神、三神とは海の底・中・表を守る海の主宰神。創建は1800年前(とされる)、現在の社殿は約350年前の再興だそうです。 志賀海神社5スペーサー
4.志賀海神社境内にある遥拝所。神社から何を拝むのかと思ったら、右斜め対岸の大嶽神社・小嶽神社と正面真東の伊勢の神宮、宮中三殿等を拝する、のだそうです。鳥居に元に雌雄の亀(石)が並んでいます。
立札の説明が面白かったので引用します。
その昔、神功皇后が三韓へ出兵される際、正面対岸の打昇浜にある亀ヶ池・亀住池の辺りにて無事凱旋できるよう、阿曇磯良丸を通じ祈願され七日七夜の神楽を奏された。すると黄金雌雄の亀に乗った志賀明神と勝馬明神が出現し、皇后へ干珠満珠の玉を授け、船の舵と航路を守り導くと伝え、黄金雌雄の亀は亀ヶ池・魚住池に放たれたが、後に石となって現在の金印公園近くに現れ、寛文十年(1671)に社前に納められた。
沖津宮二見岩志賀島の海岸は東側は荒々しい岩礁、北側は白砂青松の砂浜と対照的。西から南にかけては漁港が点在する。 5.東海岸二見岩。岩の上で、おりから、ウミウが羽を休めていました。6.北にある沖津宮。大潮とときは歩いて渡れるそうです。手前には中津宮があります。 休暇村海水浴場1休暇村海水浴場2スペーサー
7.休暇村志賀島の前、沖津宮の左に広がる砂浜(休暇村海水浴場)。玄界灘の荒波が打ち寄せる砂浜では数名のサーファーが波乗りをしていました。(沖津宮の)右側にも海水浴場があります(勝浜海水浴場)。
蒙古塚スペーサー8.蒙古塚。元寇・文永の役(文永十一年、1274)で、蒙古軍の船多数が台風のため沈没、大破した。蒙古塚は その時 捕虜となり処刑された兵士の供養塔で、昭和3年、日蓮僧・高鍋一統の提唱で建てられたもの、だそうです。 金印公園1金印公園2スペーサー
8.金印公園の金印の碑とウメ・スイセン。かの有名な金印『漢委奴国王』の“碑”。金印は建武中元二年(57)に後漢の光武帝が「倭奴国」に与えたとされている。1787年、百姓の甚兵衛さんが偶然に掘り出したといわれる。実物(国宝)は福岡市博物館に展示されているそうです。 福岡市街へスペーサー
3時間半余りの、自然と歴史ロマン、それも古代の、溢れる志賀島のドライブとウォーキングを終え、海の中道を福岡市街へ。
福岡・博多の夜といえば“中州の屋台ラーメン”。現役の頃の福岡出張のさいの大きな楽しみで、夕食のあと行ってみました。しかし、店員は家系ラーメン店風で若いお兄ちゃん、お客も韓国や中国からの観光客が多数。昔の風情はありませんでした。

228:熊本・城下町(古町)めぐり
小生、幼少から社会人になるまで熊本で育ちましたが、かっての城下町の趣を残す街並みがあるとは知りませんでした。BS朝日『歴史発見 城下町へ行こう』でそれを知り、28のひととき、その街並みを歩いてみました。
船場橋スペーサー市内を流れる3つの川の一つ、坪井川に架かる船場橋。「船場」は肥後手まり唄『あんたがたどこさ』に出てくる「船場」で、坪井川は、昔、船場川と言い、このあたりは船着場でした。唄にちなんで、エビとタヌキを象った橋柱燈が設けられています。川のそばには小高い繁み、せんば山があったそうです。
明八橋明十橋スペーサー“大河”白川に懸かる橋は近代的な橋にとって変わられましたが、坪井川には明治時代に架けられた橋が残っています。写真は明八橋(明治8年架設)と明十橋(明治10年架設)。
城下町の水スペーサー熊本市の水道水源は100㌫地下水で、自慢の一つですが、これは人口50万人以上の都市としては日本唯一。その豊富で良質な地下水は、年間約2000㍉の雨(そのおよそ1/3が地下水となる)と阿蘇火山が作った大地が育んだもの、だそうです。
建造物1aスペーサー建造物1bスペーサー建造物2aスペーサー建造物2bスペーサー建造物3スペーサー熊本城の西南、古町と総称される一帯には、時を感じさせる建物が、多くはありませんが、点在していました。
白梅天満宮1白梅天満宮2白梅天満宮3スペーサー人家の間の細い細い路地の奥にお宮(白梅天満宮)を発見
創立は天正年間(1580年頃)。細工町(ここから遠くない)にある崇禅寺というお寺にあったが西南の役で焼失、神仏分離令により現在地に再建された。大祭日(11月15日の前夜、多量の唐辛子と煮込んだ風神大根がふるまわれる。二切れとは食べられないほど辛いが、食べた者は その年 風をひかないとか。大宰府の天満宮とも縁があるらしい。
建造物4aスペーサー建造物4c建造物4bスペーサーそろそろ歩き疲れたころ、新町電停前の交差点の一角にある2軒の商店が目を惹きました。格子窓が美しい柿山果物野菜店と奥ゆかしい煉瓦造りの長崎次郎書店。 長崎次郎書店B長崎次郎書店A
長崎次郎書店は市一、二の繁華街、上通りに店があり、そこにはよく行ったものですが、こんな素敵な店もあったとは!(ここは県の官報販売所で縁遠いのも道理) ネットから…内部は木造で煉瓦で外壁を固める(住み心地よさそう)。現在の建物は大正十三年(1924)のもの、設計は保岡勝也(丸の内の三菱煉瓦街の設計者)。国指定登録有形文化財。
スポンサーサイト
1月30日
続いて翌日、三浦半島の大楠山に登った。丸1年ぶり。コースは歩き慣れた[京急安針塚~塚山公園…大楠山~前田橋バス停]。安針塚(9:45)から京急のガードをくぐり、変電所・長願寺(P)・案内板があるY分岐とポイントを過ぎ、そこから急坂(約100mの上り)に喘いで塚山公園に到着(10:07)。
ウソ1ウソ2ウソ3ウソ4スペーサーベンチで一休みしていると、可愛い野鳥の鳴き声がする。見上げると、数羽がベンチの前のサクラの木の枝から枝を飛びまわっている。 ウソ8ウソ7ウソ6ウソ5スペーサー新芽をつついているのだろうか? スズメやヒヨドリでないことは確かだが、上のほうにいるので、ズームをいっぱいに伸ばしても(125mm)よく分からない。ともかくバシバシ写真を撮る。
※自宅に戻って妻にパソコンの画面を見せると、『ウソ』という判定。見る機会は少ない鳥だという。図鑑で確認する。決め手は喉もとの美しい色。図鑑によれば、[形態]♂は顔と喉バラ色にて美麗”、♀は喉灰色。[生態]秋から冬にかけては小群をなし、樹木の新芽、サクラやウメの蕾をついばむ。(塚山公園はサクラの名所)“フィーフィー”と口笛のような声でなき、あまり人を恐れない。[分布]北海道の山地、本州の亜高山帯で繁殖し、冬には平地に漂行し、また伊豆七島・四国・九州・対馬にも渡来する。
大楠山へ分岐2大楠山へ分岐1塚山公園(安針塚)スペーサー思わぬ出会いに長い時間を過したので、見晴台・三浦按針夫妻の墓はパスし、 塚山公園から市街地へ塚山公園出(入)口今日は、二つ目の分岐から、“石畳”と称する道を大楠山に向かう(10:10)。石畳道は、一つ目の分岐から下る道(やや暗い細い簡易舗装された坂道)より明るく広い道だった。ほどなく、 (一つ目の分岐よりは先で)高速道路下の車道に出る。
大楠山登山口交差点青空に飛行機雲本円寺前スペーサーその後は、大楠山登山口交差点まで しばらく(2㌔?ほど)市街地歩きとなる(コース詳細はブログ参照、横横・横須賀インター信号→隧道手前で右折→本円寺前→県道手前で左折→大楠山登山口交差点/バス停)。 阿部倉温泉・大楠山分岐大楠山登山口交差点(スリーエフあり)からは[阿部倉温泉]and/or[大楠山]の標識に従って細い坂道に入る。分かりにくいルートだが、[阿部倉温泉]のおかげで だいぶ 分かりやすくなった。[阿部倉温泉|大楠山]分岐で[阿部倉温泉]の道と分かれ、横横道路の下を抜けると登山口である(“阿部倉温泉”でもここに辿りつく)。

登山道1スペーサー登山口(阿部倉コース入口、11:15)からは、森の中の小道を沢沿いに進む。石橋や木橋で沢(平作川源流部)を渡り、渡り返し、やがて擬木の階段の急登。 登山道3登山道2土が流されて段差が大きくなった階段は登りにくい。[山頂までアト600㍍]のY分岐は左へ(右もOKだが、右はちょっとまわり道)。そこからいったん下って登り返すと、[大楠山|衣笠城址・衣笠公園]の道標が立つ尾根に出、その尾根を進むと“ゴルフ場上部”のフェンスにぶつかる。しばらくフェンスに沿った緩い坂を進み、[山頂迂回ルート(芦名口コースと合流)と山頂直登コース(階段230段)]は直登コースへ。
西の展望(全景)スペーサー1215、安針塚駅から2時間30で、標高241.3m、大楠山山頂に到着。早速、展望塔に昇り(塔の上部は相変わらず昇降禁止)、三浦半島“最高峰”から周囲を展望する。塔の上部は(相変わらず)昇降禁止。 西の展望(富士山)西の展望(富士と丹沢)西の展望(丹沢山塊)スペーサー上空は青空だが地平線は霞がかかり、昨冬ほど視界はよくない(→ブログ)。写真(左):西方、富士・箱根、伊豆半島、丹沢方面
北の展望スペーサー北の展望・部分東の展望南の展望スペーサー写真(左):北から東~南。前回はスカイツリー、筑波山も…
ランチ三角点展望のあとは食事、メニューは、一人ながら、ゆでタマゴ入りチキンラーメンとぜんざい。1325下山。3.1㌔の下りを55で前田橋バス停に下りる。前田橋コースは阿部倉コースに比べると約半分の距離、登るもよし下るもよし。逗子行のバスも3~4本/時ある。


2月10日
またまた大楠山。今日は妻同伴。大楠山はもとより、家内と三浦半島の山を歩くのは初めて。主な目的は、家内が買ったカメラ(FUJIFILMの高級コンパクトカメラXF1)の初撮り。コースは同じ、塚山公園~阿部倉コース~大楠山~前田橋コース。但し、登山口に下りてからは「前田川遊歩道」を歩く。この遊歩道がなかなか良かった。
塚山公園から大楠山スペーサー自宅を出たのが遅く(10)、金沢八景での電車の乗継ぎも悪く、安針塚から歩き始めたのは11過ぎ。塚山公園では見晴台に上がる。大楠山山頂も鉄塔だらけである(写真→)。公園を出て、途中、蕎麦屋(成穂/なるほ)に立ち寄る。注文したせいろは“固く”、かけにすればよかったと妻ともども後悔。店を出たところで、品のいいご夫婦にルートを尋ねられた。大楠山登山口交差点まで教えたが、初めての人には難解なコース、無事歩けたかどうかいささか心配である。ご夫婦も蕎麦屋に入っていった。
大楠山山頂スペーサー大楠山山頂1255。道標に230段とある山頂直下の階段を一つ一つ数えて昇ったが、“222”段だった。山頂は大勢の人で、ベンチはほぼ満席状態(←写真)。大楠山から横浜MM21方面大楠山から富士山方向本格的なスタイル・装備の人が多く、夏はアルプスなど高い山に登るのだろう。もちろん、中には「ちょっと散歩で」という感じの人もいるが。視界は悪く、富士はまったく見えず。ランドマークタワーも霞んでいる(写真→)。カートリッジは持ってきたものの、バーナーを忘れて、ラーメンパーティは中止。行動食で“飢え”をしのいで下山する(13:30-14:40)。

大楠山~前田橋スペーサー写真左:下山中の一コマ。こういう写真はこれまで少なかった。 前田川遊歩道1前田川遊歩道2前田川遊歩道スペーサー写真左:前田川遊歩道。遊歩道はほとんど川沿いについているので、飛び石あり、木橋ありの変化に富んだ気持ちよいコース。登山口、橋の袂からバス停まで、長さもある。
マップスペーサー『円海山・大丸山を歩いてみませんか~この一団の緑地帯は横浜市の緑の七大拠点の一つに数えられ、横浜市では貴重な“みどり”となっています・・・』のキャッチコピーに惹かれ、重い雲がたれこめた曇り空の寒い日であったが、氷取沢市民の森・瀬上市民の森を歩いた。 地図の元図はこちら
京急富岡バス停スペーサー最もポピュラーなスタート地点は「氷取沢バス停」らしい。京急富岡駅発1225の金沢文庫行バスに乗り(10~15は1時間に1本氷取沢]で下車(所用12。あたりを見まわすと、交差点の向こう側に案内板らしきものがある。 氷取沢交差点氷取沢市民の森入口「氷取沢市民の森」の看板で、右:ふじづか休憩所、左:おおやと広場・なばな休憩所とある。円海山はふじづか休憩所方面なので、右手に坂道を上がる(12:40)。行く手に大きな団地(パイロットハウス磯子台)。団地の外周に沿って進む。磯子台団地バス停、氷取沢市民の森入口バス停を過ぎると、広い公園があった。人っ子一人いない公園で、いささかわびしい昼食のあと、さらに団地の外周道路を進んだが、いっこうに“市民の森入口”が現れない。どうやら行き過ぎたらしい。後戻りし、氷取沢市民の森入口バス停を右に入る(13:20)。 正しい行き方:氷取沢バス停下車、磯子台団地を反時計周りに1/4周ほどし、氷取沢市民の森入口バス停の手前で一戸建ての住宅地の間を左に入る。氷取沢市民の森入口のバスは磯子駅や上大岡駅からの発着らしい。
ふじづか休憩所スペーサーかなり急な坂道を上りつめると、石段があり、その上がふじづか休憩所(13:30)。テーブルとベンチがある。ここから林の間の散策路。左は雑木、右は椿の並木。 ふじづか休憩所~いっしんどう広場1東京ガス円海山無線中継所FM放送送信所スペーサーほどなく銀色の高い鉄塔が見えた(東京ガス円海山無線中継所)。うばのふところ広場への道を左に分け、続いて峯市民の森への道を右に分けると、今度は東京ガスの電波塔より高い赤白の鉄塔があった(NHK-FMとFM横浜が共用している送信塔)。

円海山鉄塔群スペーサー都市近郊の小山には、そのほどよい高さを利用して電波塔が立っていることが多い。とくに円海山一帯には林立している。写真は、散歩コース途中の神奈川県立循環器呼吸器病センターから、昨年秋、撮ったもの。いちばん右は海上保安本部関東統制通信事務所のものか? センターは高台にあり、富士や丹沢のビューポイントである。

円海山山頂スペーサー椿並木、竹林を過ぎると、道は“逆さトの字”に分かれた。直進すれば、いっしんどう広場。舗装されたわき道に入り、緩やかな坂を上がると、すぐ柵と扉で突き当たり。柵内には展望台らしき建物があるが、中には入れない。棚に「円海山頂上、海抜153.3m」と書いた札が申しわけ程度にぶら下がっていた。 ふじづか休憩所~いっしんどう広場2スペーサー
かって、ここにはNTT極超短波中継所があり、その周囲は広場になっていて、横浜の街並みや東京湾を見渡せたそうだ。今や荒れ放題。立入り禁止なのは、まだNTTの私有地だからだろうか? ならば、市が買取り、以前のような市民の憩いの場に戻して欲しいものだ。市独自の“みどりの税”は、こういうところに使うべきだ。
いっしんどう広場スペーサー本道に戻り、数分でいっしんどう広場。ここは一度来たことがある。その時は金沢動物園の方から来てふじづか休憩所へ、つまり今日とは逆方向に歩き、円海山頂上は見過してしまった。五月連休の一日で賑わっていたが、今日は閑散としたもの。一休みしている間(13:50-55)、同年輩の男性が二人 それぞれ やって来ただけだった。
いっしんどう広場~瀬上池スペーサー中尾根を瀬上池に下る。明るい樹林帯と豊かに下草が豊かに茂った道の、やや長い下りのあと池の下広場に着く(14:15)。 池の下広場スペーサー瀬上池1スペーサー瀬上池2スペーサー港南台方面から車道が延びているらしく、小型トラックが来て2,3人が作業をしていた。池に沿って池の上休憩所に向かう。“池の上”とあって道は登り。瀬上池は満々と水を貯えた なかなか 風情ある池だった
池の上休憩所池の上休憩所~馬の背馬の背スペーサー馬の背休憩所スペーサー池の上休憩所(14:30)から、さらに一登りして馬の背(14:40) 光明寺バス停瀬上市民の森入口“馬の背”は、その名の通り、円海山の尾根と並行に走る尾根である。尾根道を左に行けば、大丸山を経て鎌倉天園に通じる。が、今日のウォーキングはここまで。右に進み、馬の背休憩所を経て(14:45)瀬上市民の森を出る(14:50)。ゴールは環状四号線の「光明寺(途中、大船・港南台行のバス停がある)。15にそのバス停に着いたが、バスは1前に出たばかりで、1519の金沢八景駅行のバスに乗車した(10~18は19,39,59の3本)
氷取沢市民の森・瀬上市民の森は2つの主尾根とそれらを結ぶ支尾根、尾根の間に広がる谷から成る都市部にしては複雑な地形を持つところだった。谷は大岡川の源流域という。歩いたのはその半分ほどだが、尾根や谷に縦横に作られたトレイルは変化に富みおもしろい。これからも折りにふれ歩いてみたい。そして、円海山の山頂部を早くオープンにしてほしい。草を刈り、ベンチの一つもおくだけでよい。
1月24日
マップスペーサー葛ヶ岡(葛原岡?)ハイキングコース、聞きなれない名前だが『裏大仏ハイキングコース』の北鎌倉~源氏山公園の部分の正式?名称らしい。北鎌倉駅から大仏坂下までのハイキングコースのうち、まだ歩いたことがなかったその部分を歩いてみることにした。
  ※ブログ(2009.11.23)、ブログ(2009.11.30)
葛原岡神社へ1葛原岡神社へ21225北鎌倉駅をスタート。鎌倉街道・横浜鎌倉線を建長寺方向に進み、横須賀線の踏切の手前で「浄智寺」への道に入る。 葛原岡神社へ6スペーサー葛原岡神社へ5スペーサー葛原岡神社へ4スペーサー葛原岡神社へ3スペーサー浄智寺横の緩やかな坂道は、舗装が途切れるとそのまま照葉樹の林に入った。快適な“逍遥”の道である。小さなアップダウンを繰り返し、最後に大きなダウンアップがあって源氏山公園の端に建つ葛原岡神社に着いた。
葛原岡神社1葛原岡神社2何でも日野俊基という人物を祀っているらしい。名前は聞いたことがある。
あとで調べると、彼は後醍醐天皇の忠臣で、 葛原岡神社3スペーサー鎌倉幕府末期、天皇に政権を奪い返そうと倒幕を図ったが失敗、一度目は処罰を免れたものの、二度目の逮捕でこの地で処刑された。葛原岡神社は、その功大なりと明治天皇の勅旨によって、明治20年、建てられたもの。日野俊基自身も従三位を追贈されたという。
高徳院(大仏)へ3高徳院(大仏)へ2高徳院(大仏)へ1スペーサー葛原岡神社(源氏山公園)から、指標に従って しばらく大邸宅が並ぶ住宅地を抜け、 佐助稲荷神社分岐スペーサー再び広い山道に入ると すぐ 佐助稲荷への分れ道。ただでさえ斜面を下る急坂、夜半の雨で悪路は予想されたが、スタートが遅かったので佐助稲荷に下りることにする。 十一面観音佐助稲荷神社4佐助稲荷神社1スペーサー道はかなりのぬかるみだったが、なんとか 無事 佐助稲荷神社に下り、そこから市役所通りに出て、3ちょうど鎌倉駅に戻った。
ところで、赤い幟旗が並ぶ長い石段を下りきったところに小さなお堂があり、十一面観世音菩薩が祀られている。“縁結び”観音であることから近頃流行のパワースポットとして有名だそうだが、御開帳は年に一度だけらしい。

2月1日
北鎌倉駅から葛原岡神社を経て大仏坂下まで、裏大仏ハイキングコースを初めて完歩し(11:45-13:00)、おまけに、その後、由比ヶ浜大通を鎌倉駅まで歩いた。
以志橋スペーサーハイキング終了後、長谷観音近くの[うどんそば屋]さん(以志橋)で豪華な昼食(天丼。一人ではこういう店に入るのは腰が引ける。勘定は家内持ちだし、二人で来るメリットである。
六地蔵スペーサー「六地蔵」を拝む。昔の刑場跡地で多くの者がここで処刑されたという。明治初めころ、罪人供養のために建てられたそうだ。ちなみに、六地蔵は、亡者を六道(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天)から救うとか。
銀の鈴スペーサーも一つ、豪華に鎌倉駅前の[銀のすず]でティータイム。アップルパイがたいへん美味しそうだったが、セットで1400円 諦めて単品に(コーヒー)。それでも600円。喫茶店のコーヒーを味わったのは何年ぶりか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。