上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
whitesocks版「宙からの目」です。
大分上空から愛媛上空へ飛行機はSNA016便、熊本発1445、羽田着1615。機は離陸後、阿蘇山上空から四国のほぼ中央を横断、紀伊半島南部・御前崎上空・大島上空を経て、房総半島の南端を過ぎてから機首を羽田へ向けたものと思われる。座席は6F(右側)だったが、豊後水道上空を過ぎたところで6A(左側)に移動した。カメラはFUJIFILM XF1。

写真1a:石鎚山1スペーサー写真1b:石鎚山2写真2:瀬戸大橋と伯耆大山[写真1]石鎚山から東西に延びる稜線がくっきり。石鎚神社成就社も認められた。石鎚山地の北側はすぐ瀬戸内海である。
[写真2]瀬戸大橋。彼方には伯耆大山が見えた!! その右に蒜山三座が霞む。
写真3:吉野川写真4:瀬戸内海と小豆島[写真3]四国一の大河吉野川
[写真4]古事記の時代から瀬戸内海の要衝として知られた小豆島。オリーブだけでなく醤油・素麺も有名。寒霞渓や農村歌舞伎に代表される自然・文化に溢れた島。小豆島八十八箇所霊場もある。
写真5a:淡路島スペーサー写真5b:大鳴門橋スペーサー[写真5]淡路島を経て本州と四国を結ぶ大鳴門橋明石海峡大橋。大鳴門橋はクッキリ、明石海峡大橋はボンヤリ。 ※「瀬戸内しまなみ海道」は石鎚山の撮影に追われている間に通り過ごす。
写真6:関西空港と神戸空港写真7:琵琶湖と白山写真8:紀伊半島から伊勢湾上空へスペーサー[写真6]大阪湾、関西空港神戸空港。 [写真7]はっきりとは分からないが琵琶湖が。その東岸に伊吹山、かなたに白山。 [写真8]日本アルプスが見え始める。
写真9:知多半島と白山写真10:白山写真11:日本アルプス・富士山スペーサー[写真9]知多半島中部空港。白山も。 [写真10]白山を目いっぱいのズームで。 [写真11]北アルプス中央アルプス南アルプス富士山が一望のもとに。
写真12:北アルプスと中央アルプススペーサー写真13a:南アルプス1スペーサー写真13b:南アルプス2スペーサー[写真12]北アルプス中央アルプスをアップ。
[写真13]ほぼ真南からと東寄りからの南アルプス。白峰三山、仙丈、荒川三山、赤石などなどの名峰。説明はこちらこちら
写真14:北アルプス・中央アルプス・南アルプススペーサー写真15a:富士山1写真15b:富士山2写真15c:富士山3スペーサー[写真14]中央、3つの日本アルプスがワンフレームに。
[写真15]異なる角度からの富士山を撮る。
写真16:伊豆大島写真17:三浦半島写真18:房総半島写真19:房総半島と富士 [写真16]伊豆大島。
[写真17]三浦半島。
[写真18]房総半島南端。 [写真19]房総半島と富士。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。