上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海岸通りを歩いていると、平日(月曜日、3月17日)というのにいつになく人が多い。横浜税関(クイーンの塔)が立つ信号で「象の鼻パーク」へ左折すると、合点がいった。巨大な客船が大桟橋に停泊している。『クイーン・エリザベス』であった !!
写真1スペーサーQueen Elizabeth…2010年10月に就航した3代目。総トン数は90,400㌧、飛鳥Ⅱのほぼ倍 世界一周クルーズの途中で、昨夜23時 鹿児島から入港し、今夜23時 神戸に向け出港するという。横浜(日本)初寄港である。象の鼻パークから・赤レンガパークから、山下公園から、そして もちろん大桟橋からはタップリと、思いがけない“クイーン・エリザベス見物”となった。
写真2写真3写真4写真5スペーサー象の鼻パークから、赤レンガパークから…真に浮かぶビルディング
写真6写真7写真8写真9写真10スペーサー
写真11写真12写真14写真13:ベイブリッジスペーサー大桟橋から…大勢の見物客にデッキから手をふる乗客の姿も
山下公園から…定番の氷川丸とのツーショット
写真16:氷川丸とQE写真15:山下公園からQE家(並木の団地)から海(東京湾)まで1㌔ほど。ときどき、リネツ金沢(ゴミ焼却の熱を利用したプールと浴場施設)のベンチに腰掛け、沖合を通る船を、羽田に発着する飛行機を眺めるが、客船は 夜 入出港するのだろう、大型船はコンテナ船や貨物船がほとんどで、見たことがない。かねてから
写真17、リネツ金沢写真18、リネツ金沢写真19、リネツ金沢スペーサー一度、客船を見てみたいと思っていたので、夜半(車で)リネツ金沢に行った。しかし船はかなり房総半島寄りを通り、また私のカメラの望遠能力では不十分だった。

昨年末以来、頭から消えないことがある。それは、NHK『あさイチ』でシングルマザーの窮状を特集した番組の中にあった「大阪に住む若い母親が3歳の児を道連れに心中した」という短いニュース。「おいしいものが食べさせてあげられくてゴメンね」という書置きがあったそうだ。大人の自殺は“ある意味”しかたがないところもあるが、我が子を手にかけたその母親の心情はどんなものだったろう。それ以上に その子の短すぎる“一生”はあまりにも不憫である。その子は、千日の間、どんなものを食べていたのだろう。 イチゴやケーキを食べたことがあったのだろうか? もしイチゴやケーキを食べたことがなかったのなら、せめて天国では思いっきり食べて欲しい、とは思うが、天国なんぞ存在はしないのである。
特集の中では、司会者(男のタレント)が母子家庭に対する公的援助の不備を声高に訴えていたが、特集のあとの料理コーナーでは、担当の女性タレント?に(いつものように)冗談を言い、笑っていた。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。