上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
琵琶滝スペーサ、タテ5月下旬~6月上旬は高尾山のセッコクが咲く時期。ちょっと早いかもしれないが、日曜日の翌日(26)、数年ぶりに見に出かけた。セッコクの漢字は“石斛”。”石”…1石(こく)は10斗、100升、1000合。“斛”…古代の体積の単位で、1斛(さか)は同様に10斗だそうだが、その語源は分からない。

ラン科の植物セッコクは大木や岩にも寄生するらしいが、高尾山では杉に寄生している。どのあたりで見られるか、ポイントは(前回の経験から)分かっている。ケーブルカー清滝駅ホームを除けば、最初のポイントは琵琶滝からしばらく登ったところである。今日もそのあたりで最初のセッコクに出会った(写真:セッコク1)。セッコクは高い枝に付いているので、コンパクトデジカメのズームや肉眼能力では花の詳細は定かでない。前回の経験から、今日は双眼鏡を持参。双眼鏡で見ると、“ラン”であることがよく分かる。あの枝、この枝にやや色彩がかった白い花がびっしり咲いている。杉にとってはいい迷惑か、それとも着飾ってもらって嬉しいか? やはり、まだ時期がすこし早いのだろう?、このあたりで、セッコクが咲いている杉の木は1,2本だった。
次の花はそこから15分ほど進んだところ。1本だけ。ベンチがあり、『見上げてごらん…』の看板もあったが、花はまだ小さく、かつ遠かった(写真:セッコク2)。前回は、途中にもここかしこにあったような気がしたが・・・ 今年のセッコクはこれで見納めと思っていたら、小さい橋を渡った稲荷山コース分岐のすこし手前で思いがけなく。1本だけだが、立派な株でおまけに近い(写真:セッコク3)。進行方向の斜め後ろなので、前回は気がつかなかったようだ。
スペーサ、タテセッコク1aスペーサ、タテセッコク1a(アップ)スペーサ、タテセッコク1bスペーサ、タテセッコク2スペーサ、タテセッコク2(アップ)スペーサ、タテセッコク3スペーサ、タテセッコク3(アップ)

ジャケツイバラ1ジャケツイバラ2スペーサ、タテ琵琶滝コースを歩いていて気になった黄色い花。幸い。花に詳しい人が近くにいて、ジャケツイバラ(蛇結茨)と教えてくれた。“バラ”と付いているがマメ科だそうだ。下山の1号路の下部でも見た(写真:右)。
④稲荷山コース、山頂直下の階段③6号路から稲荷山コースへ②6号路スペーサ、タテ①6号路スペーサ、タテ6号路(琵琶滝コース)後半:①沢沿いの道。②小さい橋を渡って沢から離れる。③尾根道の稲荷山コースへ。④山頂直下の226段の階段。昼食後、出発準備をしていると、大勢の小学生が下りてきた。
高尾山頂からの展望1スペーサ、タテ高尾山頂からの展望2(富士山)高尾山頂からの展望3(富士山アップ)スペーサ、タテ高尾山山頂。今日の丹沢・道志山塊は雲が厚く、どの山も頂上は雲を被っていた。ところが、富士は山頂に雲がかかっていなかった
山頂から4号路へヒトリシズカいろはの森コースと交叉スペーサ、タテ下山は奥高尾側(モミジ台)に下りて4号路(吊り橋コース)を選ぶ。路傍にヒトリシズカがいくつかひっそりと咲いていた。1号路をかすめ、いろはの森コースと交叉する。吊り橋3吊り橋2吊り橋1スペーサ、タテあたりは大木の深い森。何より1号路や6号路、稲荷山コースに比べ、かなり人通りが少ないのがいい。野鳥は声はすれども姿は見えず。大きな吊り橋(みやま橋)を渡る。その後もしばらく静かな山道が続き、浄心門のところで1号路に合流、下山後、楽しみにしていた高橋家で蕎麦を食べる。月曜日だが、店は大繁盛していた。

地形図スペーサ、タテ※コースタイム:薬王院祈祷殿駐車場11:20、清滝登山口、6号路稲荷山コース分岐12:35、山頂下ベンチ(5号路との交差点)12:50-13:10、山頂13:20-13:25、4号路といろはの森コース交差点13:42、吊り橋13:50、清滝登山口14:50。地形図は長辺2.4㌔、短辺1.5㌔。
スポンサーサイト
地形図スペーサ、タテ大楠山へのアクセスは幾つかある。塚山公園・大楠山登山口から、前田橋または芦名口バス停からなど。今日は、下りたことはあるが上ったことはない衣笠山公園から大楠山に登る予定で、京急横須賀中央で下車した。最寄はJR衣笠駅だが、我が家からだと乗換えが必要でかつ至便な乗継駅がない。
衣笠十字路交差点衣笠山公園へ1衣笠山公園へ2スペーサ、タテ車中で文庫判都市図を見ると、横須賀中央から三崎街道(県道26)をひたすら2㌔ほど歩けば~実際は途中の交差点の表示に衣笠2㌔とあったので2㌔以上~衣笠駅・衣笠十字路に着くらしい。ともかく歩き始めた。途中、いくつもバス停を通過し、何台もバスが追い抜いていくが、歩き続ける。商店街が途切れ、閑散となった道路の両側が 再び 賑やかになると、衣笠駅は近い。[衣笠十字路]交差点を地下道で渡り、JR横須賀線のガードをくぐる。ここから衣笠山公園まで、頼りは『湘南・三浦半島~山から海へ半日ハイク』である。
ガードをくぐって右折(11:05)、衣笠小学校の前から衣笠病院に沿って歩く。道沿いにある[衣笠山公園入口]の案内で、左へ細い道に入る(11:20)。小さな案内なので、注意して歩かなければならない。しばらく行くと道は“行き止まり”。民家と民家の間に“路地”があるが、写真に見るように、立ち入るのが躊躇されるほど狭い。折よく庭先に出ていた人に尋ねると、衣笠山公園はその路地の先だと教えてくれた。
衣笠山公園入口衣笠山公園1衣笠山公園2スペーサ、タテ民家の間を抜け(11:20)、すこし広くなった道を行くと衣笠山公園入口があった(11:25)。上の広場展望台から衣笠山公園上の広場スペーサ、タテ舗装された道(車道?)、遊歩道を織り交ぜ、坂道を上る。上の広場到着。立派な展望台とトイレとベンチがある。昼食休憩(11:45-12:10)。衣笠山公園展望塔展望塔から大楠山スペーサ、タテ展望台から展望塔へ。展望台は安全のため四囲に金網が張ってあるので、展望は(下の)広場からのほうがよい。展望塔からは、展望台からは見えない大楠山の“雄姿”が見えた。条件がよければ富士山も見えるだろう。(12:15-12:20)
衣笠城址・大楠山へ4(衣笠山公園入口)衣笠城址・大楠山へ3衣笠城址・大楠山へ2 衣笠城址・大楠山へ1スペーサ、タテ衣笠城址・大楠山へ。衣笠城址・大楠山へは展望塔のところから下りていく。延々と下りが続く。上りならトレーニングによさそうだ。 衣笠城址・大楠山へ5衣笠城址・大楠山へ6、工事現場を渡るスペーサ、タテ
衣笠山公園“出口”に出る(12:35)。新しく道路を作っているとかで、あたりは殺風景このうえない。衣笠城址2衣笠城址1衣笠城址・大楠山へ7スペーサ、タテ“指示”に従い、“道路”の反対側に設えられた石段を上がる(12:40)。再び山道となり、それを黙々と進むと広場に出た(12:55)。衣笠城址だが、人気のない広場にベンチと石碑が立つだけ、“城址”を感じさせるものは何もない。
大楠山へ1衣笠城址2記憶にある大善寺横の急勾配の石段を下りる。昨年大晦日、大楠山から下りてきたとき、衣笠城址に立ち寄った。下って右に行けば大楠山3.7㌔、左に行けばバス停1.0㌔衣笠インター入口交差点衣笠城址前交差点今日は、午後は関東南部も不安定な気象という予報。いったん、大楠山の方に歩きかけたが、空模様が怪しい。それに4㌔近い長丁場。舗装道路が切れたところで、今日は大楠山は止めることにした。
次回は衣笠山公園と衣笠城址はパス、横須賀中央から衣笠城址までバスを使うことにする。
... 続きを読む
地形図spacer_V=今日も午後から鎌倉アルプス(天園)へ。歩き慣れたはずの道なのに、“道迷い”をしてしまったので、ブログに残すことにした。(地形図は1㌔X0.9㌔)
朝夷奈切通spacer_V=金沢八景13:25(鎌倉駅東口行バス)、朝比奈下車。朝夷奈切通13:56。バス通りに出て、明石橋交差点角のコンビニでソフトクリームと、非常食用に三笠山を1個。 ①明王院入口②明王院門前③天園へ④天園入口spacer_V=[明王院100㍍]の標識で、バス通りを右に折れ14:43(写真及び地形図①)明王院の門前を右折14:45(同②)。すぐ路地へ左折14:46(同③案内板あり)。左、山道に入る14:47(同④)

天園ハイキングコースの明王院~瑞泉寺分岐間を歩いたのは、下り(201311ブログ)・上り(20144ブログ)1回づつ。2度ともスムーズで、道が分からないことはなかった。今日も道迷いなど毫も頭になく、瑞泉寺分岐で切り上げるか、鎌倉宮へ下りるか、いっそ大丸山・金沢動物園まで足を延ばすかなどと、早や下山ルートに思いを巡らしながら、取り付きのきつい坂道を上る。

初め弁天spacer_V=坂道を50mぐらい上ると尾根。その後登りは緩やかになり、上り詰めた小広場に「初め弁天」(写真→)は今日も鎮座している(14:55)。 ⑤間違えた分岐spacer_V=弁天様からほとんど平坦な尾根をしばらく下ると、また上り道となった(※)その小ピークに石灯籠のようなモニュメントが立っている。こんなものあったかなと、ちょっと訝しく思ったものの、そのままピークを越える。やがて道は急な下り となり、道の状況も怪しくなった。降り積もった落ち葉は人に踏まれた気配がない。
(初め弁天と瑞泉寺分岐の間に)こんな下り(逆コースは上り)はなかったと、ルートミスの懸念いよいよ深まり、モニュメントのあるピークに戻る。が、モニュメントの周囲にそれらしき道は見当たらない。いささか狐につつまれたような気分で、さらに戻ると、・・・あった ピークの登り口に(先の※)。左に(明王院からは右に)明瞭な道があり、よく見ると、木の枝で古びた白いリボンが風に揺らいでいる(写真及び地形図⑤)
私がミスった道は地形図(ポイント⑤)に載っていたが、住宅地に下りる前に立ち消え途中でになっている。ついでに、初め弁天では、ハイキングコースは鳥居の前を進むが、祠の後ろに街中に戻る道があるようだ。また、ポイント④では、直進の広い道は人家が切れたら行き止まりになっている。指標はないので(明王院から天園に行く場合は)要注意である。
(注)地形図は事前事後にパソコンの画面で見るだけで、プリントして持ち歩いてはいない。


⑥瑞泉寺分岐spacer_V=過去2回では見落とした、というより気づきもしなかった分岐(ポイント⑤)から、正しいコースへ進む15:11。道はピークを右に巻くように付いている。住宅地が木々越しに垣間見えるようになると、瑞泉寺分岐15:16(写真及び地形図⑥)。小休止。三笠山を頬張る。お茶は天園茶屋で補充可能だろうが、最後の一杯を残す。天園の方からハイカーがどんどん来るが、皆、瑞泉寺方向へ下りていく。明王院から/へ上る/下る人は少ない。今日も若い二人連れに会っただけ。
⑦貝吹地蔵spacer_V=瑞泉寺分岐からすぐ、右に道が分かれている。地形図を見ると、この道が、番場ヶ谷ルート、御坊橋を渡った先にある瑞泉寺への分岐に通じていることが分かった(20144ブログ)。 東尾根“巨木の森”1東尾根“巨木の森”2東尾根、唯一の展望spacer_V=
元気な4,5歳くらいの女の子二人とすれ違う。すこし遅れて、若いお母さんとすれ違う。気になって『この先、道が分かれてますよ』と言ったら、『もう一人いますから』というレスポンス。なるほど、3歳ぐらいの子が後ろからトコトコ歩いてくる。貝吹地蔵(15:39)の手前では、一人歩きのかなり綺麗な女の人とすれ違う。“美人度”はよっぽどUターンしようかと思ったくらい?
鎌倉宮分岐spacer_V=緩やかな起伏の東尾根。いつ歩いても感動させられる“巨木の森”は快適な緑陰を作り、一ト月前の“鎌倉千本桜”展望はすっかり緑一色に変わっていた。鎌倉宮分岐15:51。ここから、六国峠を経て金沢動物園に下りるか? 獅子ヶ舞を鎌倉宮へ下りるか? 豊島屋本店で鳩サブレーを土産に買いたいので、ペットボトルのお茶を飲み干し、天園茶屋には寄らず、鎌倉宮へ下ることにする。 
spacer_V=獅子ヶ舞1獅子ヶ舞2獅子ヶ舞3獅子ヶ舞4獅子ヶ舞5
鎌倉宮へ2鎌倉宮へ1陽の光を浴び、眩い新緑の獅子ヶ舞を下ること15分、誰にも会わず。広葉樹から常緑樹の森に変わり、道は沢に沿うようになる。山道が終わり、広い道に出る。 永福寺跡⑨瑞泉寺分岐⑩鎌倉宮spacer_V=瑞泉寺分岐の前に、国指定史跡永福寺跡がある。永福寺(ようふくじ)は源頼朝が建立した三大寺院の一つ。現存は鶴岡八幡宮だけ。応永十二年(1405)に焼失以来、一度も再建されたことがなかったが、復元工事が始まっている。瑞泉寺分岐16:24。鎌倉宮16:34。
... 続きを読む
地形図スペーサー午後から表参道(一号路)を高尾山に登り、いろはの森を日影沢園地(キャンプ場)に降りた。高尾山は奥高尾・陣馬山を含め、ほぼ歩き尽くしているが、いろはの森コースを歩くのは初めて。直接のきっかけは連休中に放映された『高尾山ハイキング大百科』(NHK)である。
※二万五千分の地形図(⇒、クリックで拡大)は、長辺3㌔、短辺2㌔

表参道1表参道2表参道3、浄心門スペーサー駅前広場のベンチで持参の弁当を食べてから歩き始める(13:45)。一号路は薬王院の表参道なので、車もゆったり走れる舗装道路だ。 表参道5、シャクナゲ表参道4、杉並木浄心門(14:35)を過ぎて男坂の階段を、息を切らして昇る。車道は階段のない女坂のほう。スギ並木(都の天然記念物)と時節がらシャクナゲが美しい。大雄山(最乗寺)のシャクナゲは真っ赤だったが、高尾はピンクだ。地質が関係しているのだろうか?
薬王院山門1薬王院山門2スペーサー薬王院境内に入る、14:55。これまで気がつかなかったが、山門は四方に四天王が立つ立派な伽藍である。入口側に持国天と増長天、境内側に広目天と多聞天。薬王院奥の院薬王院本堂御朱印を記帳し、飯縄権現堂(本堂)と不動堂(奥の院)に参拝。境内にもシャクナゲ。やはりピンク。奥の院の後ろから高尾山の登山道に入る、15:10。
高尾山頂から丹沢の山並みスペーサー高尾山山頂、15:30-15:50。主峰蛭ヶ岳、丹沢山(深田久弥は何故か最高峰蛭ヶ岳でなく第五峰丹沢山を百名山とした。第一峰~第四峰は標高1600mを越えているが、丹沢山は1600mに満たない)、大山など、丹沢の山並みは比較的明瞭だが、富士は影も形もない。山名の説明板が新しくなったようだ。説明はここをクリック

日影沢へ日影沢へ①日影沢へ①スペーサー下山。薬王院奥の院への道半ばで、左「自然研究路四号/いろはの森歩道至る/日影沢」に入る(15:55)。この道標の文言、表現が“へん”(写真地形図①)。日影沢へ、いろはの森1日影沢へ、いろはの森2日影沢へ、いろはの森3スペーサーより正しくは「自然研究路四号/いろはの森歩道/至る日影沢」だろう。すぐ木の階段。山には似つかわしくないほど立派な階段だが、目がまわりそうで下り辛かった。四号路と交叉すると(地形図のポイント②)、いろはの森の核心部。日影沢へ④日影沢へ③針葉樹・照葉樹が多いようだ。道は急坂が続き、登りにはしんどそうだが、処々にベンチがあり、緑陰の下で休むことができる。林道に出る(写真地形図③、16:22)。林道を歩き、城山への分岐を右に折れて(同④、16:33)、日影沢園地に着いた(同⑤、16:35)。
日影沢園地⑤スペーサーネコ1ネコ2スペーサー日影沢園地はキャンプ場、立派な休憩舎と綺麗なトイレ(ウォッシュレット!)がある。日影バス停スペーサー花2、ラショウモンカズラ花1、ニリンソウではないスペーサー置き物のように動かない香箱座りのネコが2匹、一方は最近では見る機会が少なくなった三毛、をカメラ(写真)に収(納め)、一休止後、日影バス停へ(16:45-57)。

⋄バスは小仏から。バスの便が悪く(1時間に1本)、京王高尾駅まで歩いた(所要50分)
⋄日影沢園地には数組のハイカーがいたが、みんなバス停までの途中に路駐していた
⋄ポイント③から林道を突っ切り、再び森に入るショートカットがある。道としては(当然)そちらの方がよい
⋄バス停までの道々、ニリンソウの群落に期待したが、“イチリン”もお目にかかれず。『踏まれて消えた花ニリンソウ群生地復元のため、立ち入り制限にご協力ください』の看板がある。ニリンソウはなくなってしまったのか
地図スペーサーヤマヒルが出る前に、永らくご無沙汰している丹沢に登りたいとは思うものの、丹沢登山には周到な準備と早起きが必要。7起きでは無理で、今日も鎌倉アルプス(天園)となった。もっとも、鎌倉アルプスは 先日 番場ヶ谷ルートで歩いたばかりなので、今日は熊野神社周辺の道の調査、鎌倉アルプスの明王院からの取付きの確認を“課題”とする。※地形図は長辺2㌔、短辺1.87㌔
写真①②写真③:熊野神社金沢八景発1036のバスに乗って、(今日も)朝比奈で下車(10:55)。(今日は)[右かまくら道/左熊野神社](写真①・地形図①)で左に進む(11:15)。山腹を巻いていくと[右熊野神社](同②)の分岐。案内はなく、地形図にも記載されていないが、直進は三信住宅に下りてしまいそうだ。
拝殿と古木スギスペーサー古木イチョウ拝殿と古木イチョウスペーサー分岐からほどなく、熊野神社が杉木立の間に見え隠れするようになる(同③、11:20)。熊野神社には初詣を含め、幾度か来たことがある。数十段の石段を昇って拝殿へ。拝殿から十数段の石段を昇って本殿へ。本殿と古木スダジイ裏山から本殿と拝殿本殿の裏に山道が延びている。かなりしっかりした道なので入ってみることに。ピークを越えたと思しきところで道が左右に分れている[標識なし](同④)。切通しは“右”のようだが左に進む写真⑤写真④道は緩やかに下っている。しばらくして[朝比奈切通・熊野神社/東朝比奈・三信住宅](同⑤、11:43)。来た方向が朝比奈切通・熊野神社で、直進が東朝比奈・三信住宅右の道(この標識が正面に見える道)はどこから来ているのか不明※地形図によれば沢に向かう途中で切れている。ここで来た道を戻る。
写真⑥送電鉄塔先の分岐()を直進し(11:54)、安定したところ・不安定なところ、かまわず突き進んむ。鉄塔下を通過(12:00)。どこに行きつくか定かでないが、切通しの谷の左側の尾根を下っているようだ。最後は、きつい傾斜の、沢スジのようなV字形に切れ込んだ道を難儀して下りる。下りたところは切通しの終点(十二所側入口)のすぐ手前だった(同⑥、12:12)。一度歩けばじゅうぶんな道だ。

写真⑦:明王院写真⑧写真⑨スペーサー県道204号(金沢鎌倉線)に出てテクテク。明石橋(明石橋交差点)の先を“Y字形”に右折、二の橋を渡って明王院の門前(同⑦、12:47)を右折、続いてすぐ路地へ左折(同⑧、12:54、ハイキングコース入口の案内板あり]、やぐら写真⑩:瑞泉寺分岐明王院門前から“7分”もかかったのは一度行きすぎたため)、そしてすぐ路地を離れ、左の山道に入る同⑨、案内なし)。道はのっけから急坂が「初め弁天」まで続くが、その後は緩やかな上り下りで、瑞泉寺分岐同⑩、13:14)。この先、すれ違うハイカーが急に多くなった。以前に比べ、若い人がずいぶん増えた。いいことだ。
写真⑪:番場ヶ谷下降点倒木のベンチ写真⑪:『ハイキングコース内での喫煙はやめましょう』スペーサー『ハイキングコース内での喫煙はやめましょう』の木柱(同⑪)があると、番場ヶ谷への下降点は近い(同⑪)。木柱のところで脇道にそれる。以前(201111)見つけた倒木の“ベンチ”でお昼を食べるため。ベンチは健在だった。
写真⑫:鎌倉宮分岐獅子舞1獅子舞2沢筋の道「貝吹地蔵」の横を過ぎ、今日は鎌倉宮に下りることに鎌倉宮分岐写真⑫・地形図⑬)1358。高年男女の一団が坂の途中で、長い列を作って止まっている。しかもワイワイガヤと騒々しい。写真⑭:鎌倉宮スペーサー彼らといっしょになってはたまらないのでトットと下る。獅子舞、秋の紅葉で有名、ということは春の新緑も美しい
鎌倉宮の下りは久しぶりだが、人家に出てからがこんなに長かったか。瑞泉寺分岐(地形図⑭、14:22)。鎌倉宮写真⑭・地形図⑮、14:30)。鎌倉駅まではバスに乗ったが、八幡宮や鎌倉駅周辺は観光客でごった返していた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。