上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.02.28 Windows8.1とIE11
2月某日。ブログの編集作業が一段落して終了、数時間後 Internet Explorerを起動しようとすると『Internet Explorer は動作を停止しました。この問題の解決策を確認しています・・・』のメッセージが出て、いたずらに“グリーンの川が流れる”だけ。流れは止まりそうにない。何故、停止したのか、一言一句の説明なし。[×]ボタンで強制終了し、Windows(8.1)を再起動してみる。事態は同じ。プロバイダの故障? が、メールは動く。プロバイダではなさそう。念のため、スタート画面(例のタイルを貼りつめた)から起動すると…IEが立ち上がるではないか!! しかし“全画面表示”で「お気に入り」や「お気に入りバー」が表示されず、何とも使いづらい(このIEはストアアプリというやつだった)。
このようなトラブルが起きたとき、昔、現役のときは、まわりの識者に聞くことができた。しかし、孤立無援の今はインターネットが頼り。しかし、PCにインストールしていたブラウザはIEだけだったので情報の集めようがない。どうしたものか。(^_-)-☆
幸いWindowsVistaを搭載した古いノートPCがある。 このPC、バックライト機能不良で極く薄っすらとしか見えない。文字の判読はとても無理。メーカー(外資系)のサポートセンターに問合わせたところ、修理費ナント7,8万!! 本体と一体になっているからだという。やむなく、デスクトップ(WindowsXP)で使っていた液晶モニターを転用し ときどき 使っている。もう4,5年になる。Windowsが起動されるまでは外部モニターに表示されないので“手探り”状態の操作となる。誤って外部モニター表示をオフにすると、次の起動時に一苦労する。それ以外不都合は起きていない。動作がたいへん遅くなることがあるが… もっとも購入当初から遅かったわけではなく、Windows(Vista)の自動更新によってだんだん遅くなってきたようだ。

さて、WindowsVISTA-PCで、検索キー“IE11”,“動作を停止しました”で検索すると・・・
IE11にはデスクトップ画面版とスタート画面版(ストアアプリというらしい)の2種類があること、スタート画面版は簡単にデスクトップ版に切り替えられることが分かった。切替え方法はストアアプリの[ページツール]アイコン(スパナのマーク)をクリックし[デスクトップで表示する]を選択。
どうやらWindows8-PCはいつのまにか、Windows8がWindows8.1にアップグレードされ、(自動的に)IE10IE11に、しかもスタート画面版にアップグレードされていたらしい。というより、そういえばIEが使えなくなる前、『・・・の環境を更新しています』というようなメッセージが、PCをシャットダウンしたときと立ち上げたときの両方であった。しかも二度ほど。ふつう、Windowsの更新はPCをシャットダウンしたときに行われていたので、変だとは思った。

狐につままれたような、腑にも落ちない感じだが、ともかくIE11が使用できない問題は解決した。ところが、IE10では問題がなかったのに、ブログのページが正しく表示されない。とくに挿入した写真のレイアウトがずれている。具体的にはHTML言語の、"hspace", "vspace", "align"などがサポートされていないようだ。
インターネットでIE11をIE10に戻せないか(ダウングレード)調べたところ、「できない」ことが分かった。理由はIE11がWindows8.1では標準装備のためアンインストールできないから、と。Windows7ではかなり面倒な手順だができるらしい。唯一の方法は、リカバリディスクを使って一から構築しなおすこと。その際、「IEの新しいバージョンを自動的にインストールしないこと」。しかし、さまざまなアプリのインストールなど手間暇かけて構築してきた苦労を思えば、この方法は考えられない。
ブログページ『シンプル&スローライフ』の表示が崩れる問題は、それを[互換表示設定]にすることによって解決した。
IE11で私のプログを読んでいただいている方で、正しいレイアウトで読みたい方は以下の設定をしてください。
メニューバーの[ツール]のプルダウンメニューを開き、[互換表示設定]を選択。[互換表示設定]画面の[追加するWebサイト]に“fc2.com”と入力(開いているWebサイトが予め入力されている)し、[追加]ボタンをクリックし画面を[閉じる] ※これはWindowsVISTA-IE9にも有効のようです。

... 続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。