上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鎌倉七切通で唯一残っていた『大仏切通』を歩いた。残っていたわけは簡単、“通行禁止”だったからである。ところがTV番組の中で、渡邊(黒田?)アナウンサーがその大仏切通を歩いている(NHK『歴史ヒストリア』11月28日)。通行できるようになった? それともTV局だから特別に通行を許可した? ネットを調べる。どうやら去年の11月に通れるようになったらしい。さっそく出かけたという次第。
火の見下バス停スペーサー大仏切通はバス停でいえば、大仏隧道の鎌倉側の『大仏坂下』と藤沢側の『火の見下』の間二駅。ゴールは賑やかなほうがよいから、鎌倉駅からバスに乗り『火の見下』で下車する。京急6番、大仏止まりもあるから注意。江ノ電バスもある。切通は鎌倉行のバス停のすぐそばの路地を入る。切通を示すそれらしきものは何もない。
大仏切通入口手前1大仏切通入口手前2(モミジ)路地を右に曲がった角の家の鉄柵に文字はほとんど見えないが、“それ”と暗示する木の板がぶら下がっている。その家の奥は山道。 切通始点やぐら・切通分岐やぐらスペーサー鮮やかに紅葉した高いカエデの木が目を引いた。ほどなく立派な木の階段があり、それを昇るのが切通コースかと思ったら、階段の上は行き止まりだった。大きな岩に四角く横穴が穿ってある。「やぐら」、鎌倉の随所で見られる墳墓跡である。階段下に戻り、右の山道を登る。
切通1切通2切通3切通4切通5
大仏坂下切通終点切通9切通8切通7切通6
道はすぐ両側に岩の壁が迫る切通しとなったが、それは全コースの1/3程度で、あとは林の中の道が続き、2,30分後には大仏坂の入口に出た。大仏坂側は、ここから北鎌倉駅までの裏大仏ハイキングコースの始点(終点)でもある。切通しだけではちょっと物足りないのでハイキングコースとセットで歩くのがよいが、今日は久しぶりに長谷(高徳院)の大仏を拝みに行くことにした。
ところで、大仏切通は国指定史跡らしい。コース半ばに身の丈を越える標柱が立っていた。修復のさい立てたのだろう、まだ新しい。大仏切通の不通期間は私の知る限りでも2年ぐらい。ずいぶん長い間放っておいたものだが、国と鎌倉市の間で費用負担か何かで揉めたのだろうか? 標柱もコースの途中でなく出入口にあったほうがよい。もっと気の利いたものを。

長谷大仏1スペーサー長谷大仏2長谷大仏3長谷大仏4長谷大仏5スペーサー高徳院の境内は、月曜日だがたくさんの観光客で賑わっていた。与謝野晶子が『美男にておわします』と詠んだ大仏様を鑑賞する。
『鎌倉大仏因由』によれば、阿弥陀仏。庶民の浄財を集めて作られた点、東大寺の大仏とは異なる。初めは木造、大風で倒れ、再建のさい青銅の像となった(建長四年、1252年)。原作者不明。大仏殿は初建以来たびたび復興されたが、明應七年(1497年)海潮で流失以後は復興せず、露像となった。関東大震災(大正12年)では台座が崩れ大仏は前に傾いたが倒れなかった。大正14年と昭和35-36年、耐震施工が成され、現在では、大地震のさい物体と台座が離れる免震構造が採られている。総高13.35m。高徳院のほうは宗祖:法然上人、開宗:承安五年(1175)だった。
由比ヶ浜スペーサー高徳院を出たあとは、長谷駅を通り過ぎて、まっすぐ海岸に出、若宮大路を鎌倉駅まで歩く。距離3㌔ちょっと、お腹は空いていたが、結局どこにも入らずに京急新逗子へ。そこで(ドトール)、やっとミラノサンドをお腹に入れた。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。