上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
能見台緑地マップ能見台緑地入口1(金沢文庫側)横浜市民(金沢区民)憩いの緑地『六国峠ハイキングコース』の一部は、落石による“通行止”が長らく続いている。この日(129)も金沢文庫駅近くからの入口(マップ①)は固く閉ざされていた。 能見堂跡スペーサー能見堂の古図スペーサー金沢八景古地図スペーサーいったん、京浜急行の線路沿いに出て、団地への石段を上って、能見堂跡の手前(同③)から能見緑地に入る。昨年は、この先の関ヶ谷不動尊の所から入った(ブログ)。迂回路には(前回はなかった?)案内板が整備されていた。
これまで ほとんど 素通りしていた能見堂跡で しばし 時を過し、説明板をじっくり読む。古図(江戸名所図会)によれば、ここはなかなか優雅な場所であったらしい。古くは室町時代の草庵にまで遡るが、江戸時代(寛文年間、1661~73)、領主久世大和守広之が芝増上寺の廃院を移して再建したのが、能見堂(擲筆山地蔵院)の始まり。その名の由来は多々…地蔵を本尊とするため六道能化から取った、某絵師がこの景色を描こうとしたがあまりの美しさに描けず筆を捨てのけぞった(のけ堂)、あるいは、たんによく見える(能く見える)からなど諸説あり。眺望は素晴らしく、徳川家康もこの景色を愛し、江戸城の襖絵にもここからの景色が描かれているとか。
能見堂は明治2年の火事のあとは住職もいなくなりさびれ、現在は梅の名所の一つになっている程度。梅といえば、今年は開花が大幅に遅れています。我が家の近くの(鳥見塚の)小梅林は蕾さえ見られません。この冬が如何に寒いか、よく分かります。

スペーサー能見台緑地の道1能見台緑地の道2能見台緑地の道3能見台緑地の道4能見台緑地の道5スペーサー能見台緑地の道6
能見台緑地出口(笹釜道路)能見台緑地の道7(分岐)能見堂跡をあとに、ハイキングコースを進む。コースは至るところ、大きな給水塔がある能見台2丁目への出口まで、修復工事中だった。今日は、そこからすこし先の金沢動物園に下りる手前[七曲口を経てバス停へ]から市街地へ。下りたところは笹下釜利谷道路、右は「金沢市民の森」バス停、左はトンネルがあって「氷取沢」バス停。結果的にどちらも同じくらいの距離だったが、「金沢市民の森」から、京急富岡駅行のバスに乗った。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。