上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
28日 福岡から熊本に移動、30日 山鹿の町を観光した。熊本(市内)には永いこと住んだが、山鹿は初めて。もっとも、天草・八代・人吉も行ったことがない。
八千代座、向かいの資料館から八千代座外観まず、かの板東玉三郎も公演した歌舞伎小屋八千代座(国指定重要文化財)へ行く。見学の受付は向かいの資料館「夢小蔵」。 八千代座木戸口八千代座、待合から舞台と客席これがまた 文化財クラスの建物。明治20年築、八千代座は明治43年。日曜日ということもあるのだろう、朝から見学客がひきもきらず、2,30人ほど集まると、資料館見学を中断して八千代座へ・・・
下手奥から舞台、花道、床暖の枡席ガイドさんの巧みな説明に聞き入るスペーサー見学は、舞台、奈落(廻り舞台の仕掛け)、花道の上と下、2階...と劇場内を微に入り細に入り。 2階から上手側、提灯は“八千代”花道に上がって熱演のガイドさん舞台から客席スペーサーそれに、ガイドのおばさんがなかなかの役者で、身振り・手振りを加えた説明は要領・歯切れともよく、嫌味がなかった。
劇場内部は見通しの良い落ち着いた空間。柱が少ないのは“トラス構造”という洋式建築工法になっているからだそうだ。色彩豊かな天井広告画が美しい。庶民的な雰囲気を醸し出し、身近な存在を感じさせる。但し、現在でも営業を続けているのは8軒だけだそうだ。 シャンデリアはガス灯・真鍮製、高岡市の製作天井広告画とシャンデリア、8軒は今も営業中スペーサー
全体に質素な装飾の中で“シャンデリア”が際立つが、違和感がまったくない。光源は電気ではなくガスというから驚き。鋳物で有名な高岡市(富山)に製作を依頼したという。設計者(木村亀太郎という人)のセンスの良さとこだわりがうかがえる。
枡席のタタミは縁なしで床暖房だそうだ。東側の上手桟敷と花道の位置関係、花道の途中にあるスッポンなど、歌舞伎に疎い私にとって、勉強にもなった八千代座見学だった。

山鹿灯籠民芸館スペーサー民芸館内、薬師寺民芸館内を2階から鳥瞰スペーサー八千代座から山鹿灯籠民芸館へ。民芸館の建物は旧安田銀行山鹿支店。山鹿は小都市だが、大銀行が支店を構えるほどの経済力があったわけだ。館内に入る。 同古式台灯スペーサー同金灯籠2民芸館内、金灯籠1スペーサー壁面いっぱいに飾られた金灯籠と、とりわけ 陳列された神社仏閣(薬師寺や熊本城など)がみごと。
山鹿灯籠の始まりは、遠い昔、巡幸中だった景行天皇一行が行く手を霧にはばまれ立ち往生したおり、里人が松明(たいまつ)を掲げて迎えた伝説に由来するといわれる。その後、人々は 毎年 大宮神社に松明を奉納するようになり、室町時代には、その松明が紙製の金灯籠に姿を変えたのだいう。また、山鹿灯籠は木や金具をいっさい使わず、和紙と少量の糊だけで作られる。現在は城造りや神殿造り、座敷造りなどへと多様化している。
頭上に金灯籠を乗せた浴衣姿の女性たち(みんな独身の女性です、とボランティアのおじさんが嬉しそうに強調していた)が繰り広げる『千人灯籠踊り』。優雅・陶然・幻想・ノスタルジー・・・、越中八尾『風の盆』と並ぶ夏の風物詩だろう。一度、実際に見てみたいものだ。

昼はピザの店「蔓薔薇」のランチ。人気店だけあって だいぶん 待たされたが、味・値段・ボリューム(横浜の1.5倍はある!とも申し分なし。かなりの客が(食べきれず)持ち帰っていたが、私たちは完食。

和菓子と土産物「梅や」山鹿灯籠製作工房「なかしま」スペーサー食後、旧道(豊前街道)沿いの土蔵造りの現役商店を見、山鹿灯籠に縁が深いというので、円が腹ごなしも兼ねて大山神社まで足を延ばす。大宮神社は景行天皇を祀り、室町時代から続く「上がり灯籠」(毎年8月16日の深夜に金灯籠を神社に奉納する)の行事がある。
山鹿温泉「さくら湯」スペーサー繁華街に戻って山鹿温泉「さくら湯」に入る。温泉セットの持ち合わせがなく“烏の行水”ていど。元は細川藩主の御茶屋だったとか。重厚な外観、浴室・浴槽も明るく、気持よい温泉だった。 菊池川惣門跡千代の園酒造スペーサーさくら湯を出て豊前街道を南へ歩くと、千代の園酒造、惣門を経て、菊池川の川べりに至る。
江戸時代、この地域は回船問屋や米問屋、酒蔵などが軒を連ね大変賑わっていたそうだ。千代の園は現在では山鹿でただ一つの酒造元。惣門は治安維持のためにつくられたもので、火の番屋が置かれ、夜間(午後6時~午前6時)は門を閉めたという。
平山温泉「蔵ノ湯」相良寺と千手観音山鹿温泉から車で平山温泉へ。ここは行ってみただけ。途中にあったはずのチブサン古墳・オブサン古墳は見つけることができず。それから山鹿に戻って、番所地区と相良寺(相良観音)へ。 虹3虹2虹1スペーサー番所地区は“棚田”が、相良寺は千手観音がお目当てだったが、棚田は(車からなので)それらしきものを、千手観音は(閉じられたガラス戸越しに)覗けただけだった。
大津町のホテルへの帰路、梅雨空に大きく弧を描いた虹を見る。車の進路によっては、虹の一方が道路から立ち上がるようで、なかなかの見物だった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。