上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地形図スペーサー今日(27日)は、六国見山(ろっこくけんざん)の仕上げ?に、明月院から歩いた。六国見山は地元の方たちはもちろん、横浜南部の住民にとっても半日の散歩にうってつけのところである。三度の六国見山で、お勧めは明月院から/への往復。帰りに(フトコロが暖かければ)明月院や円覚寺を見物し、洒落た喫茶店で一休みするのもよい。

写真2:③明月院写真1:②明月院建長寺分岐北鎌倉駅~ハイキングコース入口
鎌倉や三浦半島の山に限らず、里山はその登り口までのアプローチが分かりにくい。明月院から六国見山を目指すときのポイントは地形図上の⑤、写真4写真3:④鎌倉天園分岐写真4:⑤今泉台4分岐このポイントで、車道を離れ左の間道に入ること。直進すると今泉台方面、直進してもハイキングコース入口に辿り着けそうだが、かなりのまわり道となる。前回(17日)は気づかなかったが、篤志家が取りつけたのだろう、ベニヤ板に書いた地図が木の枝にぶら下がっていた。北鎌倉駅(13:25)からここまでは、まずミスることはない。
写真6スペーサー写真5c写真5b写真5aスペーサー車も入る道、人しか通れない石段と石畳の道を上がり(写真5、約50m)、上がりきると(写真6)、すぐ分岐(写真7、地形図のポイント⑦)。 写真7:今泉台3分岐写真8:⑦~⑧写真9:⑧ハイキングコース入口スペーサー右へ下れば今泉台方面、ポイント⑤とは直接には通じていない。分岐を左へ上がると大きな人家に突きあたり、車道はここまで(写真8)。ハイキングコースは、その人家を右に曲がった角から始まる(写真9、地形図のポイント⑧)。

写真11:⑨高野・六国見山分岐スペーサー写真10b:⑧~⑨写真10a:⑧~⑨スペーサーハイキングコース入口~六国見山展望広場
登り口から山道を100㍍ちょい緩やかに登ると、区界を示す?石柱がある分岐(写真11、地形図のポイント⑨)。13日、明月院に下りようとして間違ったところである写真12a:⑨~⑩写真12b:⑨~⑩写真12c:⑨~⑩写真13:⑩三角点分岐を直進する。直進は登りが続き、左折は下っているので、間違えることはないだろう。地形図ではすぐ今泉台への分岐があるが(やはり)見つからなかった
続いて、100㍍足らずで三角点(三等、147.3m、写真13)。わずかだが、分岐から三角点までは勾配がきつくなる。
写真15:⑪展望デッキスペーサー写真14c:⑩~⑪(稚児墓)写真14b:⑩~⑪写真14a:⑩~⑪スペーサー三角点から、ほとんど平坦な道を150㍍ほどで展望広場(写真15、14:08)。三角点との高低差は10m未満である。展望広場のすぐ手前に稚児墓というのがある(写真14c)。いつ来ても、といっても三度目だが、きれいな生花が供えてあり、そばには箒もおいてある。毎日のように手入れに登って来る方がいるのだろう。

六国見山展望広場
展望デッキからの今日の眺めは、東方、富士はうっすらと見えていた前回(17日)よりさらにうすく雲の上に頭を出していた(写真16)。前々回(13日)は全く見えず。北方、ランドマークタワー、ベイブリッジとつばさ橋は前回と同程度はっきりと見えた(写真18)。さて南方、相模湾。前2回は地平線は海と空の境界が分からなかったが、今回はかなり明快。その境界に大きな島影が… 伊豆大島である(写真17)。 写真16:⑪富士山スペーサー写真17:⑪相模湾スペーサー写真17z:⑪伊豆大島スペーサー写真18:⑪横浜市街スペーサー写真18z1:⑪ランドマークタワースペーサー写真18z2:⑪ベイブリッジ・つばさ橋

六国見山展望広場~北鎌倉駅(14:28-15:13)
帰路の選択肢…(1)往路を戻る (2)森林公園南口広場へ降りる (3)往路の途中で右折し、前々回のとき、フェンスぎわのベニヤ板の地図にあった北鎌倉駅への道を探す(写真19、地形図にもある)。
写真20:⑭北鎌倉駅・円覚寺方面(行止り)分岐写真19:⑬高野・北鎌倉駅方面分岐北鎌倉への道がみつかなければ南口広場に出るまでと、(3)を選び、分岐(写真11、地形図のポイント⑫)で右折する。地図がフェンスに懸っている地点に到着。心もとないが、たしかにフェンスの端から左に道らしきものがある。その道に入る。道はわりと明瞭だが、 写真21a:⑭~⑮写真21b:⑭~⑮写真21c:⑭~⑮写真22:⑮横須賀線路沿いの道スペーサー通る人はほとんどいないらしい。クモの巣を掃いながら進む。明月院ルートより数倍長い山道を下ってY分岐、地図に、右は“行止り”とあったところである(写真20、地形図のポイント⑭)。それを示すのだろう、小枝が積んであった。
そこを過ぎると、すぐ人家があり、人家の間の階段や路地を抜け、飛び出たところは横須賀線の線路沿い、北鎌倉駅と明月院への分岐との間のすこし明月院よりであった(写真22、地形図のポイント⑮)。
※ベニヤ版地図(写真19)に、3度の六国見山ウォーキングで明らかとなった情報を書き加えておく。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。