上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早春の箱根・明神ヶ岳に登った。明神ヶ岳は昨秋についで2度目。高低差800m・歩行距離4㌔は、冬ごもりでなまった足腰のトレーニング開始にはちょうど良い。朝からの曇り空に期待はしていなかったが、頂上からの眺望は前衛・金時山がやっと。真白き富士の峯は拝めなかった。富士が見えない明神ヶ岳登山はその楽しみが半減するが、土曜日(19日)とあって、山は若い男女が多く明るい雰囲気、高齢者は我々ぐらいだった。
地形図スペーサー最乗寺境内に咲くシャクナゲを鑑賞し、明神橋を渡る(写真①、9:50)。道はすぐ急登の山道となる。尾根沿いに上がって鬱蒼とした杉林の中を進む。やや緩くはなったものの勾配はきつい。荒れた林道を横切る(写真②、10:20)。標高は470m、奥の院より30mほど高い。 ①明神橋②林道1③林道2スペーサー続いて、25分後、再び林道を横切る(写真③、標高640m)。やはり荒れているが、地形図によれば、初めの林道が延びてきたものではないようだ。
④見晴小屋⑤見晴小屋~神明水「登り始めはゆっくり」が登山の鉄則だが、ペースが上がらぬまま、途中、若いパーティ数組に抜かれて見晴小屋に到着(写真④、10:50)。“見晴”…といっても、展望は南にわずかに開けている程度。 ⑦神明水⑥見晴小屋~神明水「食べ物と水の補給はこまめに」も登山の鉄則、おにぎりを1個ほおばって出発(11:05)。道は緩やかになり、やがてパッと前方が開けた(写真⑤)。「ススキヶ原」というらしい。スミレ、ミツバツツジ、コブシ、キブシなどに混じって、桜がチラホラとまだ咲いているのは標高が高いからだろうか。 ⑧神明水~明神水スペーサー中には、咲いてまもないと見えるものも(写真⑥)。神明水を過ぎ(写真⑦、11:30)、しばらく登ると、また森を切り開いた平坦な道(写真⑧、11:45)。この“空間”は山火事のさいの延焼を防止するためかと思っていたが、そうではないようだ。昔、温泉を掘ろうとして資材運搬用ケーブルを設置したその傷跡らしい。 ⑮資材用設備の残骸2⑮資材用設備の残骸1スペーサー肝心の温泉は出なかったそうで、鉄塔やリフトが“至る所”に野晒しになっている。『緑を大切にしましょう』、一方で自然環境保護の看板を立てながら、一方で企業の儲け追及行為は看過、行政とはいい加減なものだ。(写真⇒)
⑨分岐1⑩分岐2単調な荒れた道、雨が降れば泥んこになること間違いなし、層雲(おぼろ雲)が全天を覆う空模様、山頂からの展望はまず望めない・・・、気が乗らずペースは落ちるばかり。“相棒”とはどんどん離れてゆく。見晴小屋を後に発った二人組にも追い抜かれた。
明神水(写真を撮る元気なし)を過ぎ、明神ヶ岳・明星ヶ岳分岐(写真⑨、12:40-12:50)。ここで、再度エネルギーを補給し、頂上を目指す。直登ルートは道が深く抉れて歩きづらいので、とくに下り、明星ヶ岳方向へ、通称「尾根道ルート」へ大きく迂回する。明神ヶ岳の登山道は、概して、雨と人とによってできたV字型・U字形になっているところが多い。
⑪明神ヶ岳、神山・大涌谷⑪明神ヶ岳、金時山次の分岐を右折すると(写真⑩、12:56)、すぐ展望が開けた。箱根中央火口丘が霞んでいる。それから尾根伝いに歩いて、登山口から3時間15もかかって明神ヶ岳山頂に着いた(写真⑪、13:05)。(昭文社タイムは2時間40⑫明神ヶ岳~明神水⑬明神水
明神ヶ岳(標高1169M)は18万年前、標高2700mもあった火山の内部が噴火によって空洞化し陥没、その時取り残された周囲の一部だそうだ。ぜんざい&コーヒータイム後、下山した(写真⑫,⑬、13:30-15:45)。

⑭花1⑭花2、スミレ⑭花3、コブシ⑭花4、キブシ⑯最乗寺のシャクナゲ1⑯最乗寺のシャクナゲ1スペーサー【明神ヶ岳の花】クサボケ?。スミレ、スミレにもいろいろあるが。コブシ。キブシ。シャクナゲ(最乗寺境内)。その他マメザクラ(フジザクラ)

最乗寺奥の院から山道が延びており、その入口に明神ヶ岳・明星ヶ岳への道標がある(明神ヶ岳まで3時間20)。果たして行けるのだろうか? 社務所で尋ねると「行けると思いますが、かなり分かりにくいのではないでしょうか 私は(明神ヶ岳に)登ったことはありません」と、心もとない返事だった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。