上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地形図スペーサ、タテおよそ1年半ぶりに能見堂緑地を訪れた(⇒ブログ)。金沢文庫側入口の“開通”を確認したわけではないが、予想通り、“閉鎖”は解除されていた。『能見堂跡から建長寺半僧坊へ』とタイトルは目新しいが、要は私のブログに何度も登場する「六国峠+鎌倉天園ハイキング」。しかし、金沢文庫側入口から入るのは、実に、4,5年ぶりである(⇒ブログ)。
六国峠ハイキングコース金沢文庫入口落石箇所の修復1落石箇所の修復2落石箇所の修復3能見堂跡へ上がる階段スペーサ、タテ修復された落石箇所。落石があったのは入口から100㍍足らずの範囲だった。
いったん、緑地外へ再び、緑地へスペーサ、タテハイキングコース入口1228、関谷不動尊分岐1247、高区配水池前1313。関谷不動尊分岐から金沢動物園までの道のりが長い。 高区配水池を通過関谷不動尊分岐~高区配水池前関谷不動尊分岐スペーサ、タテ能見堂緑地を出て、釜利谷市民の森までの横横釜利谷JCTの車道脇を歩き、金杉台広場のベンチで昼食。昔は東屋風の造りで屋根があったが、いつの頃からかベンチだけとなってしまった。それでも、関谷不動尊分岐から金沢動物園の間では貴重な休憩所である。
金沢動物園前を鎌倉天園へ大丸山をショートカットする道へ・・・横横道路を越えるスペーサ、タテ金沢動物園ゲートの手前から鎌倉天園へ。152、今日は御朱印を頂きに建長寺に寄らなければならないので、大丸山をショートカットする。六国峠(天園)関谷奥見晴台・・・スペーサ、タテ以前歩いたときは(⇒ブログ)まったく人気がなくマイナーな道と思っていたが、今日はかなりの人と遭遇した。横横道路に架かる橋を渡り(2:16)、関谷奥見晴台で一休み(2:33)。六国峠(天園)312、勝上巘から建長寺(半僧坊)に下りる(4:03)。
建長寺仏宝殿建長寺鐘楼建長寺山門建長寺半僧坊半僧坊では“店番”の女性から、きっかり、拝観料を徴収された。昔は、山から下りてきたときは(事実上)フリーパスだったが…
御朱印の受付は4時半まで、ということで、総門へ急ぎ、その後、およそ十年ぶりの境内をしばし散策。総門の扉は5時には閉まるらしく、通用口から外に出た。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。