上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12も間近、冷える日が多くなった。温泉にでも行きたい。どこか手ごろな(安い)温泉宿はないものか? 思い出したのが、現役のころ、たまに利用していた会社の保養所。調べてみると、(特退制度のおかげで)まだ現役と同じ料金で利用できることが分かった。天気予報は明後日は『曇りのち雨』だが、明日は『晴れのち曇り』。早速、前日、電話で予約し(幸い一部屋だけ空きがあった)、28早朝(5:40)出発。山は、金時山や明神ヶ岳から眺めていた、箱根中央火口丘の一つ、神山(標高1438m)である。

神山地形図スペーサ、タテ箱根湯本から、沿道(1線)はすこしピークは過ぎているものの美しい紅葉。宮の下で138線に進み、強羅坂下で強羅温泉への急坂を上る。750、宿に車をおかせてもらって(幸い1台分のスペースがあった)、箱根登山ケーブルカーの強羅駅へ。車両はスマート(スイス/ガングロフ社製)、沿線の紅葉が美しい。 箱根登山ケーブル1、強羅駅箱根登山ケーブル2スペーサ、タテ強羅発815。箱根の紅葉は初めてのような気がする。さて、早雲山駅から歩こうと、駅員に尋ねたところ、通行止めだという。わけは云わない。大涌谷は?と問うと、火山性ガスの具合によっては登山禁止になるという返事。もっともだが今禁止かどうかは言及なし。 神山・早雲山登山口スペーサ、タテロープウェイの時間まで間があったので、駅舎の外に出て(展望所から)景色を眺める。神山登山口は駅舎を出てすぐのところにあった。通行止めの理由は、崖崩れの類かと思ったら、「間伐作業のため」であることが分かった。閉鎖期間は「10月1日から12月31日まで」。
予定にはなかったが、大涌谷までロープウェイに乗ることに。しかし、たまには公共交通機関にも乗るのもいいことだ。早雲山駅発845(始発)。以前乗ったロープウェイとは“雲泥”の違いがあった。スマートなゴンドラ(スイスCWA製)、風に強い安定した走行(フニテル方式という2本のロープを張り、ゴンドラとロープの間を短くする)。2000と2006、2期(早雲山~大涌谷/大涌谷~桃源台)に分け、つごう3カ月をかけ、架け替え工事を行ったそうだ。投じた費用は70、あっぱれ箱根ロープウェイである。
箱根ロープウェイ1箱根ロープウェイ2箱根ロープウェイ3スペーサ、タテロープウェイから見下ろす紅葉もまたみごと。しかし、大涌谷の様相は様変わりしていた。大規模な地すべりがあったらしい。 箱根ロープウェイ4スペーサ、タテその修復というか、砂防堰の建設工事が行われていた。しかし、堰を造っているのは底部の傾斜が緩やかなところだけ。斜面上部で、また土砂崩れが起きればひとたまりもないだろう。いささか“焼石に水”という感はいなめない。

早雲山分岐神山・大涌谷登山口2神山・大涌谷登山口1スペーサ、タテ大涌谷駅のインフォメーションで神山へのルートを確認し、915、出発。延命地蔵尊のところで、玉子茶屋への遊歩道と分かれ、登山道に入る。 ヒメコイワカガミスペーサ、タテ山頂まで1.7㌔、標高差400mである。ほどなく、早雲山登山口からの道が合流する。やはり[通行止め]の看板が立っていた。イワカガミの群生が目につき始めた(もちろん花はない)。母娘と思しき中年女性と高年女性の二人連れによればヒメコイワカガミ。5月中旬~下旬、開花するそうだ。 冠ヶ岳分岐大涌谷~神山2大涌谷~神山1スペーサ、タテ 5月といえば、2000m以上の山はオフ時期、これは来年、是非、来なくてはならない。登山者はその他2,3人。天候は、予報に反して、次第に霧が濃くなるばかり。登山者の一人も、予報が晴れだったので、とちょっと恨み節。 神山山頂スペーサ、タテ冠ヶ岳の分岐をやり過ごして、1045神山山頂。山頂は林の中で、天気がよくても展望はよくない。腰をおろせるところもない。15後、来た道を下山。体力があればお中道をまわって大涌谷へ、車の制約がなければ神山~駒ヶ岳~芦ノ湖畔というルートもある。すこし遅れてやってきた母娘二人連れは姥子に下っていった。昭文社の地図によれば“破線”ルートだが。携行していた地図は(昭文社ではなく)国土地理院の二万五千分の1。ベテランである。
神山~大涌谷4、金時山神山~大涌谷3、明神ヶ岳神山~大涌谷2、外輪山神山~大涌谷1、玉子茶屋大涌谷(延命地蔵尊)1230。行きも帰りも、同じ90かかった。ちなみに、コースタイムは登り75/下り60
大涌谷スペーサ、タテ延命地蔵尊から玉子茶屋へ。結構な登り。名物「黒玉子」は、どこの売店もそうだったが、5ヶ入りでバラ売りなし。爺婆二人に5ヶは多すぎる。諦めロープウェイ駅へ。とうとう雨が落ちてきた。ロープウェイに乗るころは本降りに。早雲山駅で、たくさんの人がケーブルカーを降りてきたのにはビックリ! 箱根ロープウェイ5箱根ロープウェイ6、早雲山駅箱根登山ケーブル3、早雲山駅スペーサ、タテ
入れ違いに強羅駅に下る。車内は超満員だった。ちょうど3チェックイン。保養所は2004年にリニューアルしたそうで、立派になっていた(以前が立派でなかったということではない)。温泉は快適。たっぷりと時間をかけて入り、日頃の疲れ?を癒した。
翌日(29日)は朝から雨。小田原に寄り、甘味喫茶『岡西』で、いつものように、三色おはぎ(あんこ・きなこ・ごま)2セットと、団子(あんとみたらしを1本づつ、これは車食用)をテイクアウト。それから、西湘バイパス~国道134号(旧湘南道路)~鎌倉市街~県道鎌倉金沢線のルートで帰宅した。西湘バイパス出口と鎌倉八幡宮、相武隧道前は、いつものとおりただしいつもより、長い渋滞だった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。