上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は2014年、平成26年大晦日。高尾山に出かけた。最大の目的は下山後の「年越し蕎麦」だが・・・
六号路、大山橋六号路、琵琶滝神社六号路入口スペーサ、タテ自宅発65。薬王院祈祷殿駐車場着720/発725。1号路(表参道)、6号路、稲荷山コースのうち、6号路(びわ滝コース)を登る。東京高尾病院の手前で山道に入ると
六号路、稲荷山コース尾根スペーサ、タテすぐ 沢沿いとなる。琵琶滝を過ぎ、しばらく緩やかな道を行くと、木道(大山橋)。道は右岸から左岸へ。じき、左上に稲荷山コースの尾根が見えてくる。今日は人影・人声を見聞きする。 六号路、稲荷山コース分岐スペーサ、タテ稲荷山コース6号路分岐。橋を渡れば 斜面を登って稲荷山コース、直進すれば そのまま沢沿いの道を6号路。
今日は直進。流れの中を しばらく 飛び石伝いに歩き、沢を離れると、丸太の階段と舗装道路の坂道。合わせて100mほどの高度差を登って高尾山山頂、920-935
冨士、高尾山山頂丹沢、高尾山山頂スペーサ、タテ山頂はまだ静か。が、夕方から夜になると、押すな押すなの大混雑になるのだろう。富士と丹沢を撮って下山(それぞれの山座同定⇒冨士丹沢)。都心方面は霞みがかかって視界不良。 鴨ネギ蕎麦薬王院スペーサ、タテ
帰りは、1日早い「初詣」と「御朱印帳」のために、薬王院を通る1号路。ケーブルカーも利用できる1号路はやはり人気。家族連れ・グループ・二人連れ・独り者、いろんな人が登ってくる。1055、登山口(高橋家)に到着。店内は8,9割の混雑、ここでは初めての鴨ネギ蕎麦を食べる。
食後は、これも“ルーチン”になりつつある有喜堂で高尾まんじゅうを買って帰宅。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。