上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.01.03 丹沢大山詣り
1月3日、初詣(阿夫利神社と大山寺)を兼ね、丹沢・大山に行った。
秦野駅に着いたのは738。ヤビツ峠行バスは7:35, 8:18, 8:55...。が、バスは蓑毛まで。バスは蓑毛を過ぎると狭い山道となる。元旦にかなり雪が降ったので、その状況はじゅうぶん考えられたことである。
蓑毛バス停スペーサ、タテ蓑毛行は85。20蓑毛標高310m)。バス停は登山者でいっぱい。蓑毛から歩くのは初めて。ここからだと標高差は1000m近い。ハードな山行になりそうだが、とにかく皆についていくことにする。 登山口ヤビツ峠・下社分岐ヤビツ峠・髭僧の滝分岐スペーサ、タテ
出発835。金目川沿いの舗道を歩く。すぐ、石燈籠が立つ下社とヤビツ峠の分れ道。下社(裏参道)を選ぶのはごく少数。大方の登山者に倣ってヤビツ峠への道を進む。柏木林道というらしい。徐々に高度を上げ春岳沢(金目川上流、9:05)を渡る。沢沿いに登ると滝(髭僧の滝)があるらしいが、余分なエネルギーは消耗しないことにする。
ヤビツ峠への登山道ヤビツ峠広場スペーサ、タテ道は山道らしくなった。尾根に取り付き急坂をジグザグに登る。道には雪が残っている。尾根を離れ、山腹をトラバースするように進み、102ヤビツ峠標高761m)に到着。広場になっていて、ベンチがいくつかある。バス停はすこし下らしい。腹拵えをし、大山を目指し出発、1012ヤビツ峠~大山スペーサ、タテ
ヤビツ山荘があった?見覚えのある広場を過ぎる。道はやや凍結している。第一ベンチを無休で通過。突然、地響きがしてシカが数頭前方を横切ったしばらくしてまた数頭。私たちの様子を伺っていたようだ。以前、大倉尾根で見てびっくりさせられたが、大山のメインルートにも現れるなんて! もはや丹沢はシカだらけらしい。植物を食い荒らし、ヒルをばらまくシカは百害あって一利なし。一刻も早く、県をあげて大量駆除してほしい。
イタツミ尾根から富士山スペーサ、タテ鎖場、第二ベンチ(先客あり)を過ぎる。蓑毛~ヤビツ峠の予定外の登りで体力を消耗し、足が上がらない。第三ベンチ(ここも先客あり、第二も第三もベンチは一基)を過ぎ、富士がすこしづつ姿を見せる。月が次第に満ちるように左の稜線から。 25丁目スペーサ、タテ尾根道がほぼ直角に曲がるところ(支尾根から主尾根であるイタツミ尾根に移るところ?)にビューポイントがある。標高は950m。ニの塔~三ノ塔を前景に富士が、裾野まで、ほぼその全容を見せる。右側の稜線にはざっくり抉りとられた宝永火口。 200mのイタツミ尾根を登り詰めると25丁目。阿夫利神社下社からの表参道が合流する。表参道といっても岩がゴツゴツした険しい山道。おまけに勾配はヤビツ峠からの道よりも急(ヤビツ峠からは標高差420m/距離2.1㌔、下社からは480m/1.7㌔)。25丁目から山頂までの200㍍は登山者が列を成した。大半は下社から上がってきた人たちである。
大山山頂阿夫利神社奥の院スペーサ、タテ1140大山山頂。山頂は、元日 雪で「大山詣で」ができなかったからだろう、大盛況。さっそく奥の院に参拝し、湘南の海を眺め、日当たりがよく風通しは“悪い”テーブルの一角でランチタイム。食後、夏は人気の北側から横浜・東京方面を展望。はるか120㌔遠くの筑波山も見えた。次いで、レーダーやアンテナが建つ西側にまわり、この時期ならでは真っ白な富士山を拝む。富士の左、長い裾野の先には愛鷹山群、右には丹沢山・塔ノ岳など丹沢主稜の山並み。富士と丹沢の間には南アルプス(赤石岳など)がわずかに頭を見せている。1215、軽アイゼンを付けて下山。

大山山頂からの眺望~伊豆半島・大島・江ノ島・横浜・東京・筑波山
スペーサ、タテ大山山頂から南西・南の展望スペーサ、タテ大山山頂から南・南東の展望スペーサ、タテ大山山頂から南東の展望スペーサ、タテ大山山頂から北東の展望
※写真の説明(写真番号にカーソルを合わせクリック)写真1写真2写真3写真4
スペーサ、ヨコ
大山山頂からの眺望~富士山・丹沢主稜
スペーサ、タテ大山山頂から1スペーサ、タテ大山山頂から2スペーサ、タテ大山山頂から3スペーサ、タテ大山山頂から4、丹沢主稜
※写真の説明(写真番号にカーソルを合わせクリック)写真5写真6写真7写真8

16丁目富士見台スペーサ、タテ25丁目の分岐で表参道(下社)へ。富士見台(12:50)で富士を見、16丁目で短い休憩(13:00-13:05)。16丁目は下社と蓑毛の分岐(蓑毛への道は先でさらに下社と蓑毛に分れる)、下社へ。8丁目夫婦杉を過ぎ、下社・拝殿上の広場。ここでアイゼンを脱ずす。
阿夫利神社下社から阿夫利神社下社スペーサ、タテ急石段を下り、下社50(石段下で16丁目からの裏参道が合流する)。境内は参詣客でゴッタ返し、本殿前は長蛇の列。一昨年同様(⇒ブログ)、初詣は(奥の院でちゃんとお参りしたので)列の横からで済ませた。例のごとく御朱印をいただき、25、女坂を大山寺へ。
大山寺スペーサ、タテ大山寺通称大山不動。御本尊は不動明王二童子像、重要文化財。珍しい鉄製という。大山寺不動堂は元は阿夫利神社下社の位置にあった。しかし、明治初期の廃仏毀釈(神仏分離)で取り壊され、明治18年に現在地に“明王院”の名で再建、大正4年、大山寺として復活した。阿夫利神社と大山寺(おおやまでら)の関係は、鳥取の大神山神社と大山寺(だいせんじ)の関係によく似ている。
ここでも御朱印をいただき、追分まで 再び アイゼンを付けて凍結したところが多い参道を下った。ケーブルの長い待ち時間を嫌って下社から歩いて降りてきた一般の参拝客はかなり苦労し、何人か滑って尻餅をつくのを見かけた。大山ケーブルバス停38。下りも1000m近いハードな行程だった。

各点の標高:蓑毛バス停310m、ヤビツ峠761m、大山山頂1252m、阿夫利神社下社700m、下社駅690m、大山寺530m、追分駅410m、大山ケーブルバス停310m、大山ケーブルの標高差278m
コースタイム:蓑毛バス停8:35-10:02ヤビツ峠10:07-25丁目11:25-11:40大山山頂12:15-13:0016丁目13:05-13:50下社14:05-大山寺-追分-15:08大山ケーブルバス停
距離:蓑毛バス停~ヤビツ峠3.5㌔、ヤビツ峠~大山山頂2.5㌔、大山山頂~下社1.6㌔、下社~追分0.7㌔、追分~大山ケーブルバス停0.5㌔・・・8.8㌔
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。