上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◇行程:太郎平小屋7:00…薬師峠(テン場)7:20…8:20薬師平8:40…稜線に上がる[標識薬師岳山荘まで15]9:10…9:25薬師岳山荘9:30…避難小屋跡(愛大遭難ケルン)10:25…10:55薬師岳12:20…13:20薬師岳山荘13:25…薬師平14:10…薬師峠14:50…15:30太郎平小屋 ※太郎平小屋~薬師岳4㌔/標高差 600m

太郎平の朝、西太郎平の朝、東東 ご来光は拝めず、西には雲海が広がる。7太郎平小屋を出る。太郎兵衛平の木道を歩き、テン場のある薬師峠に下る。対面の斜面は常緑樹の中に黄葉した木々が混じる。薬師峠から沢伝
薬師峠への下り薬師平への登り1薬師平への登り2スペーサ、タテチングルマ1チングルマ、アップスペーサ、タテいに積み重なった石道を登り返すと、さほど広くはない薬師平。再び、木道となる。木道はわずかに勾配がある。槍ヶ岳がその穂先を見
スペーサ、タテ薬師平1スペーサ、タテ紅葉と槍ヶ岳、薬師平薬師平から薬師岳東南稜スペーサ、タテ薬師岳山荘への登りスペーサ、タテ稜線上の標識
薬師岳山荘と薬師岳スペーサ、タテせ始めた。薬師平から山腹を斜めに登り、稜線に出る。朽ちかけた道標が立っている。[薬師岳山荘まで15分]とある。道標どおり、ほぼ15後、薬師岳山荘に着く(9:25)。山荘はリニューアルされたようだ。 薬師岳への登りから槍穂高…笠・乗鞍・御嶽薬師岳への登りから太郎平5分休憩後、山頂への急登にかかる。ザレ場で歩きづらい。加えて、日本海から吹きつけてくる冷たい向かい風。ここは風の通り道だ。振り返ると、黒部五郎の両サイドに笠ヶ岳、乗鞍、そして御嶽も望まれる(⇒山座同定)。

薬師岳への登りから水晶・鷲羽…槍・穂高スペーサ、タテ愛大遭難慰霊碑スペーサ、タテ山荘から200mほどの登りで いったん 台地状になり、一息。半分壊れた避難小屋があり、愛大遭難ケルン(慰霊碑)が立つ。昭和381月、愛大パーティは 下山途中 ここから東南稜に迷い込み遭難、13名全員死亡した。槍に続き 穂高連峰がその全容を現し、鷲羽・水晶の稜線の上に、大天井(常念?)がわずかに頂きを出している(⇒山座同定)。
薬師如来を祀る薬師岳山頂薬師岳山頂スペーサ、タテ薬師岳山頂(標高2926.0m)1055。まず、祠の中に祀られた薬師如来様に孫5人の健やかな成長とそれぞれの娘夫婦の幸せを祈願する。ついで、名だたる峰々のパノラマ撮影(⇒山座同定)。 薬師岳山頂からのパノラマ写真スペーサ、タテ落ちついたところで、祠の建つ石積みを風除けに借りて、食事・休憩。山頂到着直後は見えていた立山・劔には雲がかかってしまった。穂高・槍にも雲が湧いている。4年前に登った水晶岳の秀麗な山容、未踏のとき(6年前)とは違った感動がある。昨年泊まった雲ノ平山荘も見える。
薬師岳山頂からの写真集
①五竜・鹿島槍…針ノ木・蓮華②赤牛・野口五郎③野口五郎・水晶…槍穂・三俣蓮華・双六④水晶岳
①五竜・鹿島槍…針ノ木・蓮華(⇒山座同定) ②赤牛・野口五郎(⇒山座同定) ③野口五郎・水晶…槍穂・三俣蓮華・双六(⇒山座同定) ④水晶岳
⑤槍ヶ岳・穂高連峰 ⑥雲ノ平山荘⑦黒部五郎岳⑧有峰湖
⑤槍ヶ岳・穂高連峰(⇒山座同定) ⑥雲ノ平山荘 ⑦黒部五郎岳 ⑧有峰湖
⑨薬師岳金作谷カール⑩薬師岳南陵カール⑪薬師岳三角点スペーサ、タテ
⑨金作谷カール ⑩南陵カール ⑪薬師岳三角点

薬師岳山荘前に立つ薬師岳圏谷群の碑薬師岳から薬師岳山荘へ一人、また一人と、10名を超える登山者が登ってきては降り、降りては登ってくるなか、1220下山。太郎平小屋帰着330水晶・ワリモ・鷲羽、薬師岳山荘~薬師平水晶岳、薬師岳山荘~薬師平鷲羽岳・ワリモ岳、薬師岳山荘~薬師平薬師岳の紅葉、薬師岳山荘~薬師平
薬師平~薬師峠1薬師平~薬師峠2スペーサ、タテ三俣蓮華・双六・黒部五郎、薬師峠~太郎平小屋水晶・ワリモ・鷲羽、薬師峠~太郎平小屋水晶岳、薬師峠~太郎平小屋薬師岳、薬師峠~太郎平小屋スペーサ、タテ夕食まで、フトンにくるまって一休み。用足しに部屋(個室)を出ると悪寒がする。低体温症の兆候? 疲労と、寒風の中を 写真を撮りながら ゆっくり 下りたからだろうか? カイロを売っていればと思ったところ、スタッフの方が親切にも熱々の湯タンポを用意してくれた。おかげで夕食前には回復した。
今夜のビデオは、薬師岳で遭難した息子(愛大生)を関係者の協力を得ながら捜索、ついに発見する父親の話をドキュメンタリー化したもの。若かりし頃の太郎平小屋のご主人五十嶋博文さんも登場する。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。