上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
連休後の翌週、所用で、2の大地震に見舞われ 今も地震(気象庁は“余震”という用語にこだわるが…)が続く熊本に行った。一泊(12)。熊本市内の(1万円未満の)宿の多くは営業を再開できず、開いている所はボランティアを含む他県から派遣された復興支援の方々で?空きがなく、福岡に泊る。唯一の百貨店「鶴屋」も、14日、ようやく営業を再開した由。羽田~熊本の空撮は5年前にも掲載したことがある(⇒ブログ)。
羽田~熊本、512JL0623(06:25-08:10)
羽田-熊本①、アクアライン羽田-熊本②、川崎市スペーサ、タテ機(737-800)はD滑走路を北東に離陸後、右に旋回、富士山のほぼ真上を飛び、名古屋市上空~岡山市上空まで一直線。そこでやや南に進路をとり、大分市上空を経て熊本空港へ。座席は中央前寄り右側。旋回すると、早や富士山が遠くに見えた[②]。
羽田-熊本③、丹沢山地スペーサ、タテ羽田-熊本④、南アルプス全貌羽田-熊本⑤、南アルプス中央部スペーサ、タテ[写真③]丹沢山塊。東西のみならず、南北にも大きい。[写真④]長々と続く白い山なみ。南アルプスにしては遠すぎる感じだが…。中央アルプスにしては大き過ぎる。
羽田-熊本⑥、中央アルプス・御嶽山・北アルプススペーサ、タテ羽田-熊本⑦、北アルプス羽田-熊本⑧、琵琶湖スペーサ、タテ[写真⑥]中央アルプス、御嶽山、乗鞍、北アルプスをワンフレームに。そのアップ[⑦]、笠ヶ岳だけはその形と位置(山なみの南の端)から分かるが、槍・穂高などは判別不能。[写真⑧]琵琶湖と琵琶湖大橋。
羽田-熊本⑨、三原市・因島大橋羽田-熊本⑩、今治造船広島工場羽田-熊本⑪、広島湾スペーサ、タテ岡山市上空で進路をすこし南にとったので、瀬戸内海の島々が見え始めた。しまなみ海道・因島大橋を過ぎ[⑨]、すぐ赤いクレーンが目につく[⑩]。幸陽船渠(現在は今治造船の傘下、船渠はドックのこと)らしい。続いて広島湾[⑪]、江田島、厳島など芸予諸島の島々。
羽田-熊本⑫、国東半島羽田-熊本⑬、別府湾羽田-熊本⑭、由布岳・鶴見岳スペーサ、タテ[写真⑫]国東半島と大分空港。[写真⑬]別府湾、別府市と大分市。[写真⑭]由布院温泉、由布岳と鶴見岳。“別府の奥座敷”といわれるが、空宙から見るとそれが一目瞭然。
羽田-熊本⑮、九重連山羽田-熊本⑯、金峰山・雲仙普賢岳スペーサ、タテ[写真⑮]九重連山・坊ガツル。主峰久住山(左下のフレーム外)が入らなかったのは失敗! [写真⑯]熊本市民憩いの場、金峰山と雲仙普賢岳。風向きによっては熊本市上空で旋回するが、今日はまっすぐ着陸。空港は最も地震の被害が大きかった益城町に近い。屋根をブルーシートで覆った家々が多かった。

福岡~羽田、513JL0310(11:00-12:35)
JL310の飛行経路⑰スペーサ、タテ福岡はさすが九州一の大都会、機種は大型のボーイング777-200だった。飛行経路は[写真⑰]に示したように、福岡空港を離陸後、石鎚山・吉野川上空を跳び、紀伊半島を横断。そこから洋上に出て、伊豆半島の南を通過、房総半島をぐるり回って羽田空港(B滑走路?)に着陸。座席は後方右側
福岡-羽田①、しまなみ海道福岡-羽田②、瀬戸大橋福岡-羽田③、高松市・岡山市・小豆島福岡-羽田④、淡路島・明石海峡大橋[写真①]クリヤではないが瀬戸内しまなみ海道のほぼ全貌を撮らえる。
福岡-羽田⑥、関西空港福岡-羽田、⑤大阪湾[写真②]瀬戸大橋。[写真③]高松市と岡山市、瀬戸大橋と小豆島。[写真④]明石海峡大橋と淡路島の一部。[写真⑤]大阪湾、関西空港と神戸空港。伊丹も残っている。関西は空港過密地帯! [写真⑥]関西空港。同じ向きの滑走路が2本、横風用は不要?
福岡-羽田⑦、伊勢湾福岡-羽田⑧、富士山福岡-羽田⑨、浜名湖・浜松市福岡-羽田⑩、遠州灘・御前崎・駿河湾スペーサ、タテ伊勢志摩上空を過ぎると[⑦]、前方に富士山が見えた[⑧]。機は陸からかなり離れた洋上(遠州灘)を飛ぶ。浜名湖・浜松市・御前崎・駿河湾(⑨&⑩)。
福岡-羽田⑪、伊豆半島福岡-羽田⑫、富士山福岡-羽田⑬、伊豆大島(三原山)福岡-羽田⑭、房総半島(南端)スペーサ、タテ[写真⑪]伊豆半島、石廊崎・弓ヶ浜・下田。[写真⑫]富士山、思いのほか雪は少ない。
福岡-羽田⑰、羽田空港へ福福岡-羽田⑯、千葉市?福岡-羽田⑮、御宿(房総)スペーサ、タテ[写真⑬]伊豆大島、三原山がくっきり。房総半島の南を大きくまわって[⑭]、九十九里浜沿いを北上、御宿上空から[⑮&⑯]、羽田空港(B滑走路?)に着陸した[⑰]。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。